日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第62号「瀬戸内を生きた人びと」

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


日和山・播磨室津の気象予報台……田中早春

 

039-1.jpg

室津の町並みと賀茂神社。[御津町史編集室提供]

 

『播磨国風土記』に風をふせぐこと室のごとし、故に名となす、と地名の由来を記されている室津は、向背に迫りくる山影を摺鉢のような湾面に写し、狭小な集落は当時とそう変わってはいない。古い時代から貴人たちの往来で賑わったのも、物流にともなう商人の寄港地として機能しえたのも、自然がもたらした地形の恩恵というべきであろうか。

海には二つの岬がせり出し、一つの岬は賀茂神社が祀られる明神山、もう一つは藻振(もぶ)りの鼻と呼ばれる岬、鼻は端の替え字であろう。この岬には藻振りにちなみ「玉藻かるからかの嶋にあさりするふねしもあれや家おもはざらん」の万葉の歌碑が建っている。二つの岬をつなぐような位置にある日和山は、標高四四メートルの山項にあった燈籠堂跡とともに山の好立地を示し、現存する室津の小字(こあざ)地名である。

室津には室津千軒と囃された繁栄の時代があった。この繁栄をもたらした要因は、近世に始まった参勤交代の制度であり、日本海の湊を経由しながら蝦夷まで運航した北前船(ただしくはベザイ船)の主要な寄港地であったからだといえるだろう。この湊を飛び地として管轄する姫路藩ではお茶屋を設立、参府のため江戸へ向かう朝鮮通信使をはじめ、オランダ・琉球など各国の上級使者たちの宿舎、および饗応接待の場所に充てた。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
377位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
26,967

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.二丈町姉子の浜の鳴き砂保全活用調査報告書
2.「玖島城址及び城下町武家屋敷街跡」調査報告書
3.「城下町彦根の町なみ?歴史的景観の調査と保存修景?」調査報告書
4.自然と文化 第61号「アジアの柱建て祭り」
5.自然と文化 第63号「御幣」
6.「下呂温泉まつり」ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から