日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第61号「アジアの柱建て祭り」

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


ヒスイと鮫と巨大木柱[寺地遺跡=他界からのパースペクティブ]……田中基

 

◎四本の巨大木柱と胎児の形をした配石遺構◎

 

057-1.gif

図1]胎齢四週目の胎児。中央の円球が心臓

 

縄文時代の遺構で、巨大木柱(直径六〇センチ〜一メートル前後)が、新潟と富山の県境の寺地遺跡、金沢市のチカモリ遺跡、能登半島先端部の真脇遺跡、上毛高原の矢瀬遺跡、そして青森の三内丸山遺跡などの低湿地からそのままの状態で発見された。また巨木は出土はしないが、その巨大柱穴跡の様相から巨大木柱を立てたことが推定される遺構が相当数にのぼり、縄文時代に木柱をたかくかかげて何らかの世界像を表現したことが注目されている。

しかし、発見された物言わぬ巨大木柱から縄文人の企図した世界像を探り出す作業は極めて困難である。幸い三十年前、木柱が最初に発見された新潟県青海町の寺地遺跡には、六〇センチ前後の杉材の巨大木柱が四本、シンメトリーに配石遺構の中心部に建っていた。その配石遺構は、その配石が描く画像が神像の身体表現であること、そこから死生観が窺えることから葬礼に関係する施設であろうと思われる。また、その遺構から出土する人骨、動物骨、石棒、陰石、ヒスイ原石や製品を関連する意味性の中に置くと、その巨大木柱の性格を側面から理解できる可能性をもっている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
705位
(35,377成果物中)

成果物アクセス数
16,088

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月10日

関連する他の成果物

1.二丈町姉子の浜の鳴き砂保全活用調査報告書
2.「玖島城址及び城下町武家屋敷街跡」調査報告書
3.「城下町彦根の町なみ?歴史的景観の調査と保存修景?」調査報告書
4.自然と文化 第62号「瀬戸内を生きた人びと」
5.自然と文化 第63号「御幣」
6.「下呂温泉まつり」ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から