日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第61号「アジアの柱建て祭り」

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


ラトマッチェンドラ[豊穣を運ぶ水孕みの娘]……弘理子

 

カトマンドゥ盆地の古くからの住民であるネワール族の祭り、マッチェンドラ祭は、天に向かって柱状に組み上げられ、緑の枝葉で覆われた巨大な山車を曳き、雨期の到来を願うものである。

首都カトマンドゥではセト(白)マッチェンドラを、その南に位置するパタン市ではラト(赤)マッチェンドラを祀る。特に四月上旬からおよそ二ヵ月間にわたって行われるラトマッチェンドラには、天と地を巡る壮大な<水>のドラマが見て取れる。

その中でマリニと呼ばれる家系の未婚の娘が、水の祭礼に重要な役割を果たしていることはあまり知られていない。

像を山車に乗せる日の前夜、マッチェンドラ寺院があるカトマンドゥ郊外のブンガマティ村から二カーラ(註1])離れたコトゥワルという小さな松林に、四日間断食をしたマリニの娘と僧侶、世話役のスワ、ジャジマーンと呼ばれる祭主らが集まる。

コトゥワルは、外界との境界にあたる。伝説では、マッチェンドラはその昔、インドのカーマッキャにあったヤクシャ(夜叉)国の王の六百人いた子供の末子であったが、カトマンドゥ盆地に十二年間続いた干ばつを救うために人間に連れてこられた。かわいい我が子を奪い返そうと、後を追ってきた母親や兄弟が攻撃を仕掛けてきた。

 

031-1.gif

1]コトゥワル。カトマンドゥ盆地を流れる川の水が集まり、山を切って出ていくところ。ここで龍神供養が行われる

 

031-2.gif

2]数日問の断食をした「水孕みの娘」マリニ(右)と僧侶、世詰役たち

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
705位
(35,377成果物中)

成果物アクセス数
16,088

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月10日

関連する他の成果物

1.二丈町姉子の浜の鳴き砂保全活用調査報告書
2.「玖島城址及び城下町武家屋敷街跡」調査報告書
3.「城下町彦根の町なみ?歴史的景観の調査と保存修景?」調査報告書
4.自然と文化 第62号「瀬戸内を生きた人びと」
5.自然と文化 第63号「御幣」
6.「下呂温泉まつり」ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から