日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

ピースハウスホスピス教育研究所?業績年報1999?

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


研究と報告

 

当院におけるセデーションの現状と課題

患者の意志の尊重とチームによるケア

 

瀬戸ひとみ*  長澤 裕子*  大木 美朝*

 

はじめに

ピースハウスは、全病床数22床の完全独立型ホスピスで、あらゆる癌の終末期の患者が入院の対象となる。平均在院日数は約1ヵ月である。

ピースハウスの理念の中には、痛みなどの心身を悩ます不快な症状が緩和され、患者と家族が「その人らしく時を過ごすことができるように、患者と家族の希望する場において、全人的ホスピスケアを提供する」というものがある(表1)。そのために、医師、薬剤師、栄養士、医療ソーシャルワーカー、宗教家などで毎日チームミーティングを持ちながら、さまざまな症状の緩和に努めている。しかし、症状緩和が困難で、患者が耐え難い苦痛を体験している場合は、鎮静剤の投与によるいわゆるセデーションという手段をとることもある。

「苦痛」は、主観的なものであるが、その様子を「辛そう」と感じる医療者側の評価で、方針が決定される傾向はないか、そして、その決定に、「苦痛」を感じている患者自身の意志が欠落してはいないかという問題に、しばしば遭遇する。そこで今回、そのような懸念を抱いた事例を通して、今後の鎮静剤の使用という課題について検討したので報告する。

 

表1 ピースハウスの理念(一部)

015-1.gif

 

事例紹介(図1)

T氏 55歳 女性

53歳で子宮頸癌の診断を受けたが「癌になったのはしょうがないこと」と受け止め、その後、受診せず治療歴はない。転移の有無は不明である。28歳で夫と死別し、仕事をしながら2人の子供を育てた。子供は既に独立しており、一人暮らしのため最後は家族に迷惑をかけたくないと、当院に入院となった。T氏は自分の性格を、気丈で頑固と話し、長女は自由に生きてきた人と話していた。

入院時の主訴は不正出血、右下肢痛で、破行はあったが、車の運転はできるほどだった。入院前に使用していた鎮痛剤は、ロキソニン60?4錠のみである。

入院時にT氏の治療についての希望を聞いたところ、「自然がよい。痛み止めば増やしてほしいときには自分から言う。末期に暴れてもそれが自然なのだからそのままでよい。とにかく人間らしくいたい」と答えた。

 

015-2.gif

図1 事例

 

* ピースハウスホスピス看護部

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,584位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
6,528

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.新しいかたちの自立の実践?バウンドリ?の確立を通して?
2.こころを癒す?ホスピスケアとボランティア?
3.医療場面におけるコミュニケーション・スキル
4.生活医学シリーズNo.125「摂食障害(拒食と過食)の理解と家族の対応」
5.生活医学シリーズNo.126「上手な医療のかかり方」
6.生活医学シリーズNo.127「腰痛を治し、再発を予防する生活習慣」
7.生活医学シリーズNo.128「喫煙:21世紀の疫病」
8.生活医学シリーズNo.129「訪問看護婦・ヘルパーの家庭訪問時の心がまえ」
9.保育所外国人保育実践セミナー
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から