日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

医療場面におけるコミュニケーション・スキル

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


脳外科の病棟に奥さんを見舞いにくるときにいつも酔っ払ってくるけしからん夫がいる。困っているというケースがありました。ご主人に会って聞きますと、医師はきちんと説明したと私には言われるのですが、夫は、何か女房の頭の中を物干しばさみで挟んだようだというようなことを言う。クリッピングという用語で、彼の中ではそれは髪を留めるクリップとして理解されていた。頭の中にそういうものが入っているのかと思うと、とてもかわいそうで酒でも飲まずに顔を見にこられるかというのがご主人の説明でした。

そのように、それぞれの専門家にとっては全く当たり前の言葉でも、しろうとにはわかりにくいということがいろいろな面でコミュニケーションの壁になる。それを直すためには、わからなそうな顔をしているかどうかを見るということです。そして、わかっていないようだったら質問をする。相手がわからなそうだったら、わかったかどうか質問をする。その繰り返しが必要になってくると思います。

これもその方が治ったのでわかった話ですが、非常に具合が悪いときに、婦長が医師に向かって、「先生、この人悪寒がきている」と言ったのだそうです。「お棺がきた」と聞いて、本人はもうだめかと思ったそうです(笑い)。そういう言葉もご本人が治ったから、笑い話の経験談として話せますが、そのときにはもう自分はだめなのか、柩に入る身なのかと思い込んでしまった。考えてみれば笑い話ではなくて怖い話です。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,770位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
5,715

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.新しいかたちの自立の実践?バウンドリ?の確立を通して?
2.こころを癒す?ホスピスケアとボランティア?
3.生活医学シリーズNo.125「摂食障害(拒食と過食)の理解と家族の対応」
4.生活医学シリーズNo.126「上手な医療のかかり方」
5.生活医学シリーズNo.127「腰痛を治し、再発を予防する生活習慣」
6.生活医学シリーズNo.128「喫煙:21世紀の疫病」
7.生活医学シリーズNo.129「訪問看護婦・ヘルパーの家庭訪問時の心がまえ」
8.ピースハウスホスピス教育研究所?業績年報1999?
9.保育所外国人保育実践セミナー
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から