日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

医療場面におけるコミュニケーション・スキル

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


もうひとつは、「あのこと」と言われた途端に自分の中に何か思い当たることがあって、あのことをしていなかった、これは大変だと思ったために、不愉快な感じをもたれたということもあるようです。

これについては大変おもしろい経験をしたことがあります。

ある県の医師会で話をしたときに、参加なさった先生方に「お立ちになって、『あのことは?』と聞いてみて下さい」と申しあげたら、大変ご立腹なさった方がおられました。話を聞きにきたつもりなのに、何かをさせられたから気分を悪くなさったのかなと思いましたら、あとから伺った話では、私は“あの事”という出来事のつもりで尋ねたのですが、その先生は“あの娘(こ)とは”とおとりになったのだそうです(笑い)。お隣の方に、「あの娘(こ)とはどうなっていますか」と突然言われたりすれば、プライバシーに関することで、しかもドキンとするようなことがあれば、ムッとされるのも当然だと思いました。

これはコミュニケーションの上で重要なことを示唆しています。こちらは全く意図したことではなくても、相手の方が聞き間違うとか、意味を違ってとる可能性があるということ。その方にはいやな思いをさせて申し訳なかったのですが、私自身たいへんいい勉強になりました。それからあとは、こちらが全く何気なく言ったつもりでも、お聞きになる方によっては「あの娘(こ)とはどうなってるの?」ととられる可能性があることを考えて、この逸話をいつもご披露することにしています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,773位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
5,716

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.新しいかたちの自立の実践?バウンドリ?の確立を通して?
2.こころを癒す?ホスピスケアとボランティア?
3.生活医学シリーズNo.125「摂食障害(拒食と過食)の理解と家族の対応」
4.生活医学シリーズNo.126「上手な医療のかかり方」
5.生活医学シリーズNo.127「腰痛を治し、再発を予防する生活習慣」
6.生活医学シリーズNo.128「喫煙:21世紀の疫病」
7.生活医学シリーズNo.129「訪問看護婦・ヘルパーの家庭訪問時の心がまえ」
8.ピースハウスホスピス教育研究所?業績年報1999?
9.保育所外国人保育実践セミナー
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から