日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

こころを癒す?ホスピスケアとボランティア?

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


医者が親切にみてくれて、痛みや苦しみだけはとる努力をしてくれたからここのホスピスの医者はよかったと思うだけで、本当の人間としての解放感を伴う喜びではないと思うのです。本当の癒しではないことがほとんどでしょう。このことは、私にしても医師としては反省すべきことと思ってはいるのです。あるいは医師という立場での限界であるのかとも思います。

次は俳句の会「いなご会」をやっているボランティアの方からのレポートです。「月に一度の会に最初出席され、あとの2回は病状悪化でご自分で作った句を寄せられました。会を追うごとに深い思いの句を寄せられるようになりましたが、3回のお付き合いで旅出たれました。病室を訪ねると、いつも枕元にメモ用紙と鉛筆が置かれていて、作句に励んでいる様子でした。その方が他界された数日後、奥様は2人のご子息とご挨拶にみえましたが、『主人はここで俳句と出会い、最後の1カ月は作句に没頭して時を過ごしました。それでどれほど苦しみから救われたことでしょう』と言われました」。この患者さんはこれまで俳句を作ったことなどなかったようですが、亡くなられる1カ月前に初めて句会に参加され、没頭して、病気を忘れるくらいの気持ちで取り組まれたのでしょう。

アートプログラムの一環である俳句の会が遺族から感謝されるほどの癒しの力をもっていたことに驚くとともに、参加者がたとえ一人であっても続けようという気持ちになりました。この患者さんの作られた一句をご紹介しましょう。

 

椿ひとつ落つるや廊下の闇ゆらぐ 健司

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,368位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
7,975

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.新しいかたちの自立の実践?バウンドリ?の確立を通して?
2.医療場面におけるコミュニケーション・スキル
3.生活医学シリーズNo.125「摂食障害(拒食と過食)の理解と家族の対応」
4.生活医学シリーズNo.126「上手な医療のかかり方」
5.生活医学シリーズNo.127「腰痛を治し、再発を予防する生活習慣」
6.生活医学シリーズNo.128「喫煙:21世紀の疫病」
7.生活医学シリーズNo.129「訪問看護婦・ヘルパーの家庭訪問時の心がまえ」
8.ピースハウスホスピス教育研究所?業績年報1999?
9.保育所外国人保育実践セミナー
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から