日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

新しいかたちの自立の実践?バウンドリ?の確立を通して?

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


b. 「ノー」を言える環境を作る

自分を失うことなく情緒的に結合している親子関係とはどのような関わりなのでしょうか。たとえば親と子でも意見の違うこともあります。特に2〜3歳になれば、子どもが「ノー」と言いたいこともあるでしょう。そのときに、「ノー」と言うことは、親(あるいは子どももそうなのですが)にとっては必ずしも悪いことではないのです。たとえばリンゴが好きか、トマトが好きかというときに、トマトが好きでリンゴを食べたくない場合、トマトには「ノー」と言って、リンゴには「イエス」と言います。そういう好みに関するレベルで子どもが「ノー」と言って、親の思いとは違う選択をしたりすると、親が子どもに拒絶的な態度をとってしまうなら、バウンドリー形成に反するようになります。そうすると、子どもは親の情緒的なよい関わりを維持していくために、自分を否定して「イエス」と言わなければならなくなり、バウンドリーの形成が困難になります。それでは共依存的になってしまうのです。共依存の中で同意者は「ノー」が言えないのです。友達が「ランチに行こう」と言ったら、自分のプランがあっても、一緒に行かないとその友人からどう思われるかが不安で行くと言ってしまいます。これは同意者であり、「ノー」が言えないのです。

「ノー」を言うとそれが拒絶としてとられてしまうような環境では、バウンドリーが形成されません。もちろん子どもとして絶対に親に従わなければならないこともたくさんあります。けれども、日常生活の中で、子どもの好み、子どもの独自性を認めていかなければならないような領域の中で、「ノー」と言うことによって情緒的に子どもに対して拒絶的になるような育て方ではなく、子どもの「ノー」を受け入れて、なおかつそれでよい関わりをもっていけるようにするのが、本当の意味でのバウンドリーを形成していくのです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
304位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
38,757

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.こころを癒す?ホスピスケアとボランティア?
2.医療場面におけるコミュニケーション・スキル
3.生活医学シリーズNo.125「摂食障害(拒食と過食)の理解と家族の対応」
4.生活医学シリーズNo.126「上手な医療のかかり方」
5.生活医学シリーズNo.127「腰痛を治し、再発を予防する生活習慣」
6.生活医学シリーズNo.128「喫煙:21世紀の疫病」
7.生活医学シリーズNo.129「訪問看護婦・ヘルパーの家庭訪問時の心がまえ」
8.ピースハウスホスピス教育研究所?業績年報1999?
9.保育所外国人保育実践セミナー
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から