日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「町村合併による中山間地域の振興ビジョン策定に関する調査研究」報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


おわりに

本調査研究は、中球磨5か町村を調査対象地域として、この5か町村が合併した場合の地域づくりに資する参考資料とすることを目指して実施されたものである。その具体的な手法としては、先ず、地域を取り巻いている時代状況を概観し、この地域の望んでいる将来像を踏まえた上で、地域の現況に鑑みて課題を整理し、中球磨5か町村が一つの新町として地域づくりに取り組むに際して、地域の現有資源を踏まえて、参考となりうる他団体の事例とその活用視点の提示を行った。

しかし、ここに提示した多様な事例による取り組みの選択肢は、単にそのまま中球磨地域でも導入すれば、自動的に地域の課題が解決され、地域づくりがうまくいくというわけではない。地域づくりへの取り組みが成功するには、その地域に住んでいる住民がその地域の資源を活用し、自ら考え行動することが求められる。

その考え方としては、たとえば、宮城県津山町の事例が参考になろう。同町では、地域おこしの核になる地域資源の特定に際し、当時の町長が、必要な条件として9つの条件を挙げた。その条件とは、1]町の中にあるもので開発可能なもの、2]住民に親しまれるもの、3]公害や健康障害を及ぼさないもの、4]気象・季節に関係なく通年経済活動が出来るもの、5]資源は無限大にして自給可能なもの、6]市場開拓が容易で価格変動が少ないもの、7]素材は無駄なくすべて使えるもの、8]後継者の育成が容易なもの、9]ほかにはない本町独自のもの、以上の9つである。これを全てクリアできた資源「杉」の活用ということで、同町は、木工芸品による地域おこしに辿り着き、地域の活性化が図られたのである。

本調査研究の中で提示した事例は、いずれも中球磨地域に現に存する資源と他地域の共通した成功要因に鑑みて、大いに参考にしうると考えられるが、しかしながら、地域づくりの成否は、あくまでも、その主体である地域住民とその有力な支援者である行政とのパートナーシップを前提として、両者の連携・協働関係の中から新たな地域づくりの核となるものが中球磨においては何であるかを、今後の検討の中から検証し創造していくことが、何よりも重要である。

地域づくりも企業の経営も市町村の行政運営も全て「人」にかかっている。中球磨地域の振興のために誰よりも想像力に溢れ、活力に溢れ、そして情熱に溢れた人々は中球磨地域の「住民自身」である。中球磨地域の行政と住民により、この調査研究報告書に挙げられた事例の裏側に内在された成功の要因も含めて、改めて合併を契機として、どのような地域づくりが可能なのか、どのような地域づくりを進めていくべきなのか、といった議論が今後、真摯に行われ、その結果、すばらしい中球磨地域の振興が図られることを期待したい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,992位
(32,572成果物中)

成果物アクセス数
4,229

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月26日

関連する他の成果物

1.「少子・高齢化、情報化等に対応した地方行財政システムのあり方に関する調査研究」報告書
2.「地球温暖化防止に向けての地方公共団体の取組に関する調査研究」報告書
3.「健康福祉資源の創造と活用に関する調査研究」報告書
4.「広域交通の結節性を生かした複合機能都市づくりに関する調査研究」報告書
5.「歴史・文化資源を活かしたまちづくりに関する調査研究」報告書
6.「研究学園都市の広域的整備による地域活性化に関する調査研究」報告書
7.「伝統的観光地における観光経済構造の実態に関する調査研究」報告書
8.「港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究」報告書
9.外国人に対する行政相談の在り方に関する調査研究結果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から