日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「町村合併による中山間地域の振興ビジョン策定に関する調査研究」報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


第4章 将来像実現の具体的方策

 

本章では、序章で述べた時代の潮流を踏まえ、中球磨地域の将来像と2章で検証した中球磨地域の現況とのギャップなど将来像実現に向けた課題を抽出し、文献調査や訪問調査を通じて検証した全国各地の事例から、合併後の中球磨地域に活かしうる他地域の成功要因を抽出し、将来像実現に向けた取り組み方策として紹介することとする。

 

1 将来像実現に向けた取り組み

中球磨5か町村では、“若いまち 豊かなまち そして、夢ふくらむ「中くま」”の実現に向けた取り組みが始まっている。ここで目指されていることは、中球磨5か町村を、若い人たちはもちろん、子どもたち、そしてお年より、女性たち皆が将来に向けて夢が描け、その夢を実現させることができる新しい町にすることである。

夢が描け、そしてその夢を実現させることができる“夢ふくらむ町”とは、町に住む人たちみんなが生き生きとしていて、豊かな自然環境のなかで子供たちを元気に育て、高齢になっても安心して暮すことができ、仕事においても所得の高い就業の機会がある町である。そして何よりも、多くの人たちと様々な交流ができ、この交流によって各自の夢を触発しあうことができる刺激のある町ということになる。

このような視点で地域の状況をみると、第2章で検討したように地域の現状は必ずしも十分な状況にはない。しかし、第3章で確認できたように、地域では様々な取り組みが行われており、自然や文化的な史跡、そして社会的な施設などの資源がある。夢を描き、それを実現することができる新しい町の建設を目指していくためには、地域にある資源を上手に育て、最大限に活用して、新しい町づくりに取り組む必要がある。しかし、上記のような地域状況を考慮すると、そのためには、図表4-1で整理しているように、次の三つのことに注目した取り組みが重要になる。

 

○魅力ある就業空間⇒将来に向けて夢を描くことができる就業機会の創出。

○魅力ある生活空間⇒生活の楽しさを発見し・創り、ふくらませることを支援する仕組みづくり。

○魅力ある交流空間⇒多くの人達や情報に出会い、触発が起きる仕組みづくり。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,992位
(32,572成果物中)

成果物アクセス数
4,229

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月26日

関連する他の成果物

1.「少子・高齢化、情報化等に対応した地方行財政システムのあり方に関する調査研究」報告書
2.「地球温暖化防止に向けての地方公共団体の取組に関する調査研究」報告書
3.「健康福祉資源の創造と活用に関する調査研究」報告書
4.「広域交通の結節性を生かした複合機能都市づくりに関する調査研究」報告書
5.「歴史・文化資源を活かしたまちづくりに関する調査研究」報告書
6.「研究学園都市の広域的整備による地域活性化に関する調査研究」報告書
7.「伝統的観光地における観光経済構造の実態に関する調査研究」報告書
8.「港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究」報告書
9.外国人に対する行政相談の在り方に関する調査研究結果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から