日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究」報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


3 各ケースの試算結果

 

(1) 試算の流れ

ケース1における費用負担の構造を、エプロンを事例にとって検討する。図表1-48に示すとおり、メガフロートの上部に配置を予定しているエプロンの面積規模は1.3haである。エプロンはクレーンの荷重を考慮した補強の必要性があるため、他の部分に比べて下部利用の自由度が少なく、用途の制約が多い。そこで、下部に関しては特定の利用を想定していない。その結果、エプロンは2層構造の上下併せて2.6ha(1.3haの2倍)を占有することになる。これは、全体の面積16haの16.3%を占め、メガフロート建設費164.5億円の内A欄に示した26.7億円がエプロンに関する費用となる。

この費用に対する国庫補助率は5.5/10(B欄)であり、算出される国庫補助金の額はD欄に示した14.7億円となる。

他方、残りの費用については、初期費用の負担をできるだけ軽減するため、起債によって賄うことになる。起債の充当率は95%(C欄)であるため起債額合計はE欄の11.4億であり、残額の0.6億円(F欄)が市費による負担となる。

次に、起債額の11.4億円のうち69.5%が交付税措置されるため、措置額約7.9億円(H欄)が国の負担によって補われる。この結果、起債に対する市の自主確保分は11.4億円から7.9億円を除いた3.5億円となる。

以上のような計算を各構成施設ごとに行い、これらを合計してみると、ケース1の国・市の負担内訳は以下のように示すことが出来る。

国負担額(国庫補助金+交付税措置額によって計算される)……約60億円

市負担額(起債額のうち交付税措置されない額+市費によって計算される)……約125億円

ケース2以降も同様の計算により、試算を行った。

 

(2) 試算結果の比較

ケース1から6の試算をまとめてみると、以下のような結果になる。

メガフロートに関する各試算のなかでは、ケース4(防衛補助活用)で事業実施年度に必要な「市費」(1.9億円)、後年度までを加味した「市負担額計」に関しても最も少額(40.8億円)となっており、最も市に有利な制度活用の想定である。特に、「市負担額」は1〜3のケースの1/3に満たない水準である。これは、他のケースに比べ国庫の補助率が高いためで、その補助金の額は他のケースの3〜4倍にもなっている。他方、ケース3では、「市費」約6.2億円、「市負担額計」約132.5億円と、大きな市の負担を必要とする結果となっている。

つぎに、埋立てを想定したケース5と6をみると、埋立てはメガフロートに比べて85億円も多くの費用がかかるにもかかわらず、補助率の高い防衛補助を想定したケース6の市負担額(60.2億円)はケース1〜3の市負担額の半分以下ですむ計算になる。逆に、港湾施設整備としてのごく一般的な財源計算を行ったケース5では、市費が1.8億円で6つの試算のなかで最少である反面、後年度の公債費まで含めた「市負担額計」は204.0億円と最も大きな負担を要し、同様に港湾施設の事業想定を行ったケース1に比べて80億円近くも多くなっている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,057位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
9,403

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.「少子・高齢化、情報化等に対応した地方行財政システムのあり方に関する調査研究」報告書
2.「地球温暖化防止に向けての地方公共団体の取組に関する調査研究」報告書
3.「健康福祉資源の創造と活用に関する調査研究」報告書
4.「広域交通の結節性を生かした複合機能都市づくりに関する調査研究」報告書
5.「歴史・文化資源を活かしたまちづくりに関する調査研究」報告書
6.「研究学園都市の広域的整備による地域活性化に関する調査研究」報告書
7.「伝統的観光地における観光経済構造の実態に関する調査研究」報告書
8.「町村合併による中山間地域の振興ビジョン策定に関する調査研究」報告書
9.外国人に対する行政相談の在り方に関する調査研究結果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から