日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「歴史・文化資源を活かしたまちづくりに関する調査研究」報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


第5章 まちづくりの目標と基本方針

 

1 まちづくりに向けての歴史・文化資源活用の視点

 

現況調査や地域住民意向の把握からは、旧池田地域には豊富な歴史・文化資源がありながら、地元の人々も歴史・文化資源をあまり意識していない状況を指摘できる。これは当地域では日常生活に直接的な影響のある道路整備や商店街活性化などに対する関心が高く、「歴史・文化資源」の活用にまで想いが至らないためと考えられる。

しかし、先進事例や最近の中心市街地活性化の潮流に鑑みると、地域のアイデンティティをつくりつつ、まちの様々な課題を解決しようとする試みが行われている。その代表的なものが、地域固有の歴史・文化資源の活用であるといえる。

まちづくりに取組んでいる先進事例などを参考にすると、歴史・文化資源活用の視点は、1]忘れ去られていた歴史的なものや場を復元・修理して活用する「再生」の視点、2]現在まで受け継がれている祭りなどをしっかりと受け継いでいく「継承」の視点、3]近代的な感覚を取り入れながら将来歴史的遺産となるような新しいものやイベントを創る「創造」の視点、4]点在する歴史・文化資源を魅力ある歩行者空間でつないだり、祭りとイベントの同時開催などによりまちの個性や活力を一層高める「連携」の視点という四つに整理できる。そこで、この四つの視点をもとに、調査対象地域の歴史・文化資源を活かしたまちづくりに向けての対応の方向と具体的な対象例を以下に示す。

なお、具体的な対象例に掲げたものの詳細については、巻末の「参考資料2]-1 歴史・文化資源一覧表」を参照されたい。

 

062-1.gif

(注1)

インスタントラーメンの記念館として、1999年11月に日清スポーツ振興財団が市内に開設した。インスタントラーメン(即席めん)は、昭和33年(1958年)、現在の同財団の会長である安藤百福氏が池田市内で開発したことから、池田市はインスタントラーメン発祥の地といわれている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
732位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
14,924

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.「少子・高齢化、情報化等に対応した地方行財政システムのあり方に関する調査研究」報告書
2.「地球温暖化防止に向けての地方公共団体の取組に関する調査研究」報告書
3.「健康福祉資源の創造と活用に関する調査研究」報告書
4.「広域交通の結節性を生かした複合機能都市づくりに関する調査研究」報告書
5.「研究学園都市の広域的整備による地域活性化に関する調査研究」報告書
6.「伝統的観光地における観光経済構造の実態に関する調査研究」報告書
7.「港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究」報告書
8.「町村合併による中山間地域の振興ビジョン策定に関する調査研究」報告書
9.外国人に対する行政相談の在り方に関する調査研究結果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から