日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

溶接変形と歪み取り対策

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


016-1.gif

Fig.7.93 支柱とジャッキによる甲板凹部の押上げ49)

 

016-2.gif

Fig.7.94 隔壁板の大曲り矯正法49)

 

加熱冷却によるひずみ取りの考え方は、6.2.3で述べた通りであり、Table 7.46に加熱方法の種類と特徴を示す。線状加熱は溶接ビードの裏側を焼いてひずみを取るもので、背焼きするという。松葉焼きと点焼き(お灸)はパネルのひずみ取りに用い、後者はひずみの発生している範囲に対して点(加熱)間隔60〜70mm程度、点は径約20mm程度として水冷するのがよい。格子焼きは、パネルの大きなひずみ取りに、三角焼きはビルトアップした部材のひずみ取りにそれぞれ用いられる。加熱時間などは条件によって異なるので一概にいえず、経験を伴うのはやむを得ない。Fig.7.95は、突合せ継手の加熱温度と溶接残留応力の関係50)である。ひずみを取るには、少なくとも5083-O及び同-H112合金は400℃近くまでの温度に到達することが前提となるが、火口直下を除き、周囲がその温度に達するには時間がかかる。図からみると、一点加熱よりも二点加熱、さらに繰り返し加熱の方が低い温度でひずみが取れやすいといえるが、繰り返し加熱が最も時間を要する。なお、加熱しすぎて溶けた箇所は、置きビードした後、グラインダ仕上げをすればよい。

 

Table 7.46 ひずみ取り加熱方法の種類と特徴

016-3.gif

 

*7.58 Fig.7.93と7.94は、鋼船の例である。前者は第二甲板と上甲板、第三甲板と第二甲板のように間隔の比較的狭いところに適する。この場合、上部の甲板の加熱は、点状に加熱しながら次第にジャッキで押し上げる。この方法は、点焼きとか線焼きの局部加熱水冷法よりも作業能率がよく、直接的であって技術的にも易しい49)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
123位
(27,345成果物中)

成果物アクセス数
83,372

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2014年12月13日

関連する他の成果物

1.造船現図指導書−数値現図−
2.FRP船修理標準工作法
3.アルミニウム合金母材及び溶接継手の静的強度
4.アルミニウム合金溶接継手の欠陥と強度
5.アルミニウム合金船建造における「工数低減・性能向上のための改良材料、半加工部材及び工作・接合法に関する新動向」
6.構造設計アラカルト及びコストダウン方策について 付/19GT型水産高校小型実習船の材質別比較について
7.船舶の安全性余談
8.ISO−9000による品質管理の手法
9.平成11年度通信教育造船科講座受講者募集要領
10.平成11年度通信教育造船科講座のしおり
11.平成11年度通信教育造船科講座−添削問題−
12.平成11年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)の実施要領
13.平成11年度通信教育造船科講座−スクーリング試験問題−
14.通信教育造船科講座正解集(平成11年度)
15.小型船造船業の実態調査報告書(11年度版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から