日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

FRP船修理標準工作法

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


4. 考 察

 

4.1 二次接着面のせん断強さについて

1) 二次接着面からのせん断破壊は発生しなかったので、工作法の相違についての評価はできなかった。

ダブルYノッチ試験片を用いた衝撃界面剥離試験による評価は、可能かも知れない。

2) 今回の試験の印象としては、清潔な状態で保存されたM(ガラスマット)面に対するMの二次積層は、いずれの方法でも信頼できる。

3) 普通の工場作業による積層面は、表面汚れの状況により、アセトン拭きないし軽くサンディングして汚れを除き、二次接着を行えばよい。

 

4.2 二次接着継手の曲げ強さについて

1) 静的3点曲げによる破断荷重は、いずれの工作法によるものも母材の曲げ破断荷重より大である。

2) 4点曲げ疲労試験による破断状況は、二次接着層末端位置よりの母材M層破断又は接着面剥離による。

3) いずれも二次接着層末端形状不良又は処理又は処理不良によるものであり、末端処理法の改善により強化されるであろう。

 

4.3 今後行う試験の必要性について

1) 二次接着層末端処理法の改善により曲げ強さは改善されるものであり、この研究が必要である。

2) このことは外板に対するすべてのオーバーレイ、例えばハットガーダの成形などに共通すること項であり、きわめて重要である。

3) MとMとの間の二次接着面のせん断強さは、ダブルYノッチ界面剥離試験によって解明することが可能と考えられる。

4) 全層ウェット・オン・ウェット積層は欠陥が出やすく、また積層厚さが小さくなり、強度の余裕が不足するので避けた方が良い。

 

5. 結 論

 

5.1 二次接着工作法

1) 非空気硬化性樹脂を使用し積層途中で中断した面に二次接着を行う場合は、表面汚れの状況によりアセトン拭きないしサンディングにより汚れを除き、二次接着積層を行う。

空気硬化性樹脂を使用して完全硬化した面、又は修理船等の二次接着は、まず表面に付着した油脂等を完全に洗い落とした後、サンディングにより表面のパラフィンワックス及び付着ものを完全に除去する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
264位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
41,060

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.造船現図指導書−数値現図−
2.アルミニウム合金母材及び溶接継手の静的強度
3.アルミニウム合金溶接継手の欠陥と強度
4.溶接変形と歪み取り対策
5.アルミニウム合金船建造における「工数低減・性能向上のための改良材料、半加工部材及び工作・接合法に関する新動向」
6.構造設計アラカルト及びコストダウン方策について 付/19GT型水産高校小型実習船の材質別比較について
7.船舶の安全性余談
8.ISO−9000による品質管理の手法
9.平成11年度通信教育造船科講座受講者募集要領
10.平成11年度通信教育造船科講座のしおり
11.平成11年度通信教育造船科講座−添削問題−
12.平成11年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)の実施要領
13.平成11年度通信教育造船科講座−スクーリング試験問題−
14.通信教育造船科講座正解集(平成11年度)
15.小型船造船業の実態調査報告書(11年度版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から