日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

造船現図指導書−数値現図−

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


7. おわりに

 

これで「図面ありき」、つまり従来の作画現図レベルと同じように設計図があって…を前提としての数値現図の現状を、一通り解説してみた。

現図の数値化が、現図工程自身の改革に止どまらず、それ以上に現図以降の工程の、これまでの方法ではできなかった:−

●造船工作法の技術革新、

●全般的な精度の向上、

●現図うっかりミスの排除による誤作の減少、

…に役立ってきた理由を、いくらかでも理解していただけたであろうか。

 

おわりに関連する事項の紹介を加えておく。

 

7.1 自動化と数値現図

数値現図は多くの造船自動化の端緒となっており、これからも幅広い発展が予想されている。それゆえに数値現図の知識と理解は、これからの造船技術全般の基盤であると言えよう。

 

特に、数値現図の延長に位置するNC切断の採用は、これまでの生産技術の検討がカッティング・プランという作業レベルの計画までであり、その先にカッティング・シーケンス・エンジニアリングという動作レベルの検討が残されていることを悟らせた。

この意義は、さきにNCシステムの内容で見てきた通りである。

この「シーケンス」とは、一般に機械加工での順序と条件及び位置をいい、カッターパスに付随するトーチ・オン/オフなどの作動を含んだ意味である。

 

7.1.1 NCとロボット

これからの造船の自動化といえば、やはり産業用ロボット技術の応用であろう。

産業用ロボットの基本形態は、マニュピレータ: 多関節の腕状機構で、

●マニュアル:常時リモコン操作で動作するタイプ、別名:リモート・ハンド

●固定/可変シーケンス:あらかじめ設定されたシーケンスに従って動作の各段階を逐次進めていくタイプ、設定情報の変更が「困難な場合を→固定」「容易なものを→可変」と区分

●プレイバック:マニュアル操作して上記可変シーケンスをティーチイン:教示し、その教示記憶通り動作を繰返すタイプ、「プレイバック」とはティーチング・プレイバック:Teaching play-back(教示による反復)の短縮語

●NC:上記プレイバックのティーチインの代わりに、NC指令で与えるタイプ

●知能:感覚や認識の機能を持ち、自律的に行動決定のできるタイプ

…の区分名称がある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
175位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
66,760

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.FRP船修理標準工作法
2.アルミニウム合金母材及び溶接継手の静的強度
3.アルミニウム合金溶接継手の欠陥と強度
4.溶接変形と歪み取り対策
5.アルミニウム合金船建造における「工数低減・性能向上のための改良材料、半加工部材及び工作・接合法に関する新動向」
6.構造設計アラカルト及びコストダウン方策について 付/19GT型水産高校小型実習船の材質別比較について
7.船舶の安全性余談
8.ISO−9000による品質管理の手法
9.平成11年度通信教育造船科講座受講者募集要領
10.平成11年度通信教育造船科講座のしおり
11.平成11年度通信教育造船科講座−添削問題−
12.平成11年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)の実施要領
13.平成11年度通信教育造船科講座−スクーリング試験問題−
14.通信教育造船科講座正解集(平成11年度)
15.小型船造船業の実態調査報告書(11年度版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から