日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

造船現図指導書−数値現図−

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


(1) 入力ファイル

*共通I/Fファイル:−

外板システムは作画/切断図形データを、ロンジ・フレームシステムは捩れ型データを…ここに落とし込む。現図諸寸法プログラムのところで触れた[図2.5.2 吃水文字]作成プログラムも、ここで繋いで文字型の作画や切断に持ち込んでいる。

*モデルファイル:−

モデルとは、はじめに…の章で使ったように、コンピュータの中にデータ化された対象製品:橋桁なら橋梁外形線図を意味する。本書で言う基本データファイルのことである。

システム用語は、字面に囚われず概念で捉えると理解しやすい。

 

ここで用語について断っておきたい。

このCAD技術分野は、まだまだ多面的に発展中であり、用語もニュアンスを変えながら多様化してきている。そこで本書では通用している同義語/類義語を敢て統一せず、注釈を入れながら、そのまま使うことにしている。

 

(2) 出力ファイル

I/Lファイル→一品寸法図、 C/Lファイル→ N/Cシステム…についてはすでに触れた。このファイルで、対象鉄工製品モデル毎の専用出力に対応する。

このシステムは、造船所の多角化に共通して使えるのである。

 

本章では、この一品CADの船殻内構部品への適用を説明する。

 

5.1 施工基準

フェアリングの章で、ハード/ソフトの構成で述べているように、数値現図では内構部品の処理が、部品数の多さもあって、数値現図全体の工数の70%以上になる。

これを削減するには、部品形状や施工記号などの標準化を推進するのが有効である。

 

5.1.1 標準マクロの登録

部品定義をするのに、スロット形状や小骨端部の形状など標準マクロとして呼び出すことによって、形状の詳細寸法を一つ一つ入力する手間が省略できる。

マクロとして登録するものには、概略次の種類がある。

(1) スロット形状/これに対応するカラープレート形状

(2) ドレンホール・セレーション形状

(3) マンホール形状

(4) スカラップ類

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
177位
(30,518成果物中)

成果物アクセス数
63,496

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年2月16日

関連する他の成果物

1.FRP船修理標準工作法
2.アルミニウム合金母材及び溶接継手の静的強度
3.アルミニウム合金溶接継手の欠陥と強度
4.溶接変形と歪み取り対策
5.アルミニウム合金船建造における「工数低減・性能向上のための改良材料、半加工部材及び工作・接合法に関する新動向」
6.構造設計アラカルト及びコストダウン方策について 付/19GT型水産高校小型実習船の材質別比較について
7.船舶の安全性余談
8.ISO−9000による品質管理の手法
9.平成11年度通信教育造船科講座受講者募集要領
10.平成11年度通信教育造船科講座のしおり
11.平成11年度通信教育造船科講座−添削問題−
12.平成11年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)の実施要領
13.平成11年度通信教育造船科講座−スクーリング試験問題−
14.通信教育造船科講座正解集(平成11年度)
15.小型船造船業の実態調査報告書(11年度版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から