日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

造船現図指導書−数値現図−

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


4. 曲りフレームシステム

 

このシステムでの「曲りフレーム」とは、曲り外板の肋骨で、船の完成状態で曲線形状をなす部材をいう。部材の自重や軽度の取付荷重で撓んで外板になじむ、いわゆる「自然曲り」を含むから、必ずしも曲加工がシステムの要件ではない。

またフレームは断面一定の条材:山形・バルブプレート・FB・ビルトアップ材を対象とし、板から曲り形状に切り出されるFB・ビルトアップのフレーム部品は、次章の内構システム扱いとなる。

 

ここで「自然曲り」の用語に触れたので、ついでにフレームに限らず自然曲り全般をまとめておこう。

前章の曲り外板にも、曲り形状のウェブに取り付けるフェィスプレート:Fc.PLにも自然曲りの範囲がある。その判定が明確化できれば、システムに条件として組込んで、数値現図の有効度を高められるのだが、まだ、その実用例を聞いていない。

外板については、自重による撓みで数式化された研究が発表されているが、その後の進展はないようである。

Fc.PLについては、かつて単純梁理論で通常人力+金梃子の負荷を推定して、撓み量で判定する内規にしていたことがあるが、現状はどうであろうか。これもダラダラ曲りなら近似できるが、曲率変化の大きい曲りには当てはまらない。

この判定につき、いくつかの造船所で実情を尋ねたが、ほとんど恣意に任されているようである。地味な話だが、これからの造船技術のテーマの一つであろう。

 

さて、曲りフレーム以外について断っておくが、単なる折れ:KL加工フレームは本システム外で、その他の直線または直線と見做せるフレーム:例えばパラボラシャのDKロンジなどは、設計寸法そのものから一品寸法が求まるし、また、ラウンドキャンバーのDKトランスビームは、曲加工するにしても船毎の共通曲げ型が使えて、厳密な部材長を求めるにしても近似円弧で計算できるから、数値現図の扱いは不要としている。

 

このような事情で、以降の説明簡略化のため、次のように短縮語を使う。

*曲りロンジフレーム→ロンジ

*曲りトランスフレーム→トランスフレーム

*ロンジ+トランスフレーム→フレーム

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
176位
(30,771成果物中)

成果物アクセス数
64,424

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月20日

関連する他の成果物

1.FRP船修理標準工作法
2.アルミニウム合金母材及び溶接継手の静的強度
3.アルミニウム合金溶接継手の欠陥と強度
4.溶接変形と歪み取り対策
5.アルミニウム合金船建造における「工数低減・性能向上のための改良材料、半加工部材及び工作・接合法に関する新動向」
6.構造設計アラカルト及びコストダウン方策について 付/19GT型水産高校小型実習船の材質別比較について
7.船舶の安全性余談
8.ISO−9000による品質管理の手法
9.平成11年度通信教育造船科講座受講者募集要領
10.平成11年度通信教育造船科講座のしおり
11.平成11年度通信教育造船科講座−添削問題−
12.平成11年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)の実施要領
13.平成11年度通信教育造船科講座−スクーリング試験問題−
14.通信教育造船科講座正解集(平成11年度)
15.小型船造船業の実態調査報告書(11年度版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から