日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

造船現図指導書−数値現図−

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


2.2 システム構成と処理の流れ

システムの「道具立て」ハードウェアとソフトウェアにつき説明しよう。

 

2.2.1 システムの機器構成

フェアリング作業に使う機器は、他の数値現図作業に使うものと同じで、PC:パソコン一式(キーボード、モニター画面を含む)に、プリンター、プロッター、ドラフターを接続させる。型用フイルムに精密作画する機能のドラフターには、2m幅を間欠送りで長尺で描ける機種があり、その原寸アウトプットを並べれば、従来の現図床での現尺線図を再現できる。

フェアリング・システムだけを導入するにしても、これだけの設備は必要である。

フェアリング作業でのプロッター及びドラフターの使用頻度は低く、フロッピー渡しのオフラインでもよい。

したがって作業の種類/範囲/量など目的に応じて共用とされている。

 

ここで共用と言うこともあり、フェアリングを含めて、以下に説明する数値現図システム全体での機器構成及びネットワークにつき、述べておきたい。

 

[図2.2.1 数値現図のハードウェア構成例](次頁)は、NCマーキン切断を採用し設備1台フル稼動させる造船所が、数値現図の全サブ・システムを自社で処理する場合を想定した構成で、あくまで概念的な参考例として示した。

図の各PCの右手に、搭載するソフト:数値現図サブ・システムの種別を記してある。

 

[表2.2.1' 数値現図での作業工数比率]を推定して、作業量のバランスから、導入ソフト数は、フェアリング・ランディング・外板処理・フレーム処理は各1セットで足りるが、内構処理は5セット、NC処理では「ネスティング+カッターパス」を2セットに「ポスト」は1セットが必要と予想してみた。

 

表2.2.1' 数値現図での作業工数比率

035-1.gif

1. 船尾機関室の通常船型で推定

2. 全現図工数を100としての%比率

3. 特殊船型や作業技能/習熟により変化する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
175位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
66,393

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.FRP船修理標準工作法
2.アルミニウム合金母材及び溶接継手の静的強度
3.アルミニウム合金溶接継手の欠陥と強度
4.溶接変形と歪み取り対策
5.アルミニウム合金船建造における「工数低減・性能向上のための改良材料、半加工部材及び工作・接合法に関する新動向」
6.構造設計アラカルト及びコストダウン方策について 付/19GT型水産高校小型実習船の材質別比較について
7.船舶の安全性余談
8.ISO−9000による品質管理の手法
9.平成11年度通信教育造船科講座受講者募集要領
10.平成11年度通信教育造船科講座のしおり
11.平成11年度通信教育造船科講座−添削問題−
12.平成11年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)の実施要領
13.平成11年度通信教育造船科講座−スクーリング試験問題−
14.通信教育造船科講座正解集(平成11年度)
15.小型船造船業の実態調査報告書(11年度版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から