日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

「危険物の安全運送に関する講習会」テキスト

 事業名 危険物の危険性評価に関する講習
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


1.3 規則の適用範囲

1.3.1 適用

船舶による危険物の運送及び貯蔵並びに常用危険物の取扱いに関しては危規則が適用されるが、ここでいう船舶とは社会通念上の船舶の概念に入るものは総て包括され船種、推進機関の有無を問わず総ての船舶を対象とし、日本船舶は勿論のこと日本の領海内にある外国船舶にもその適用が及ぶ。また、日本領域外にある日本船舶にあっても危規則が適用される。

1.3.2 荷送人、船長の義務

危規則では、容器に収納された危険物を船舶に積載して運送するという基本原則に基づき、危険物の容器、包装、表示等については荷送人に、当該危険物の船舶への積載方法等については船長に対してそれぞれ義務規定を設けているのがその基本的姿勢である。ただし、危規則が危険物を船舶により運送又は貯蔵に係る安全確保に関する行為規制を行っていることから、条文中に明示されている場合を除き、その規定事項に係る行為者は何人も規制の対象者であるといえる。

1.3.3 運送形態等

危規則は、危険物の運送形態に対応して、個品運送とばら積みによる運送とに大別して、その運送基準を定めて安全規制を課している。

 

1.4 「危険物」の定義

1.4.1 「危険物」

「危険物」という語は他の法令においても用いられているが、それぞれの法令でその定義が定められており、その法令の目的により「危険物」の定義も異なるものであるが、危規則ではその第2条において「危険物」とはいかなるものであるかが、次のとおり定められている。

1.4.2 各分類の定義

危険物(ばら積みについては後述。1.5.8)は、次に掲げるものをいう。

(1) 火薬類 : 火薬、爆薬、弾薬、火工品その他の爆発性を有する物質で、第23条第1項各号に掲げるもの及び告示で定めるものをいう。

(2) 高圧ガス : 摂氏50度で圧力0.30メガパスカルを超える蒸気圧を持つ物質又は摂氏20度で圧力0.1013メガパスカルにおいて完全に気体となる物質で、告示で定めるものをいう。

(3) 腐しょく性物質 : 腐しょく性を有する物質で、告示で定めるものをいう。

(4) 毒物類 : 次に掲げるものをいう。

(イ) 毒物 : 人体に対して毒作用を及ぼす物質で、第83条に定めるもの及び告示で定めるものをいう。

(ロ) 病毒を移しやすい物質 : 生きた病原体及び生きた病原体を含有し、又は生きた病 原体が付着していると認められる物質をいう。

(5) 放射性物質等 : 放射性物質(イオン化する放射線を自然に放射する物質をいう。以下同じ。)及び放射性物質によって汚染された物であって、毎グラム74ベクレル以上の放 射能濃度を有するものをいう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
6位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
796,829

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.「危険物の海上運送に関する調査研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から