日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

「危険物の国際基準策定に関する調査研究」報告書

 事業名 危険物の国際基準策定に関する調査研究
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


国連危険物輸送専門家委員会

第17回小委員会議事概要報告

 

1. 会期、参加国、議題及び議長等

 

1.1 会期及び開催場所

会期:平成11年12月6日〜17日

場所:国連欧州本部(Palais des Nations、ジュネーブ)

 

1.2 参加国等

1.2.1 国及び国際機関

(1) 委員国:アルゼンチン、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、中国、チェコ、フランス、ドイツ、イタリー、日本、メキシコ、オランダ、ノールウェー、ロシア連邦、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、英国及び米国

(2) オブザーバー国:オーストリア、バハマ、フィンランド、スイス及びチュニジア

(3) 国連専門機関及び政府間機関:ICAO、ILO、EC、OTIF及びOECD

(4) 非政府国際機関:AEGPL、AISE、CEFIC、CGA、CEPE、CSMA、CP、ECMA、EFMA、EIGA、FEA、FIATA、HMAC、IATA、ICCR、ICDM、ICIBCA、ICPP、IEC、IFDI、IRU、ISO、ITCO/TCA、IUC、PRONAPLUCAN及びSEFEL

1.2.2 わが国からの参加者

中橋亨(運輸省海上技術安全局検査測度課)

加藤秀之(自治省消防庁危険物規制課)

斎藤俊彦及び福田元彦(電池工業会)

八十川欣勇(国連危険物輸送専門家委員会委員、日本海事検定協会)

 

1.3 議題の採択及び議長等の選出

1.3.1 議題の採択

第17回小委員会の予定議題(ST/SG/AC.10/C.3/33)は、修正なく採択された。

1.3.2 議長等の選出

第19回委員会(1998年12月)において今次2年間(1999-2000年)の議長及び副議長としてMr. S. Benassai(イタリー)及びMr. F. Wybenga(米国)がそれぞれ選出されており、この二人がそれぞれ議長及び副議長に就任した。

 

1.4 検討結果

1.4.1 今回会合における各提案に対する検討結果は、資料UN2S4-3、UN2S4-4及びUN2S4-5の各表の結果欄に示してある。

 

2. ガス輸送規則の策定

 

2.1 ガス輸送規則策定に関する小委員会の認識事項

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,415位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
2,917

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.「物質の危険性評価のための試験方法及び判定基準に関する調査研究(?)」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から