日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

鉄道車両内への自転車持ち込みに関するモデル事業調査報告書

 事業名 運輸交通における地球環境問題に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


b.一般乗客向けアンケート質問項目

・性別、年齢、職業、住所、自動車の保有状況

・鉄道利用の頻度

・鉄道利用の内容(目的、出発及び目的地、駅まで及び駅からの交通手段)

・自転車持ち込みモデル事業の認知度(いつ、どこで知ったかなど)

・自転車持ち込みに対する意見(自転車持ち込みをやってみたいかどうか、やるとすれば運賃の負担限界はどの程度か、危険度や迷惑度についての評価など)

・その他、鉄道への意見、要望

c.沿線住民向けアンケート質問項目

・性別、年齢、職業、住所、自動車の保有状況

・現在の鉄道利用状況

・自宅や職場から駅までの交通手段

・鉄道を利用するために必要な条件(運賃、ダイヤなど)

・自転車持ち込みモデル事業の認知度(いつ、どこで知ったかなど)

・自転車持ち込みに対する意見(自転車持ち込みをやってみたいかどうか、やるとすれば運賃の負担限界はどの程度か、危険度や迷惑度についての評価など)

・その他、鉄道への意見、評価

 

D.アンケート結果の収集・分析

上記アンケート結果を各区分(自転車持ち込み旅客、一般旅客、沿線住民)別に共通事項、個別事項に分けて集計・分析する。

 

E.利用者ニーズの抽出と自転車持ち込み利用増加方策の検討

1) 利用者の自転車持ち込みに対するニーズを運賃・料金面、安全面、運用面、施設面等の各方面から抽出、分類・整理し、鉄道車両内への自転車持ち込みを推進するための方策を検討する。

2) 自転車持ち込みの利用開拓・利用増加方策の検討

アンケートから把握した各線区毎の需要特性に基づき、利用拡大のための具体的な方策を検討する。(駅構造の改善、自転車利用キャンペーン、自転車利用観光ルート開発等)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
378位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
26,914

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.環境事業将来ビジョンに係わる調査報告書
2.新海上交通システムの調査研究報告書
3.エコ交通に関する調査研究報告書
4.短時間のアイドリングストップの有効性実測報告書
5.一般商船による北太平洋の温室効果ガスの観測報告書(2)
6.先進的な環境対策活動モデル事業報告書
7.「エコドライブのすすめ」リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から