日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「宮崎県下の物流効率化に対応した拠点整備構想に関する調査研究」報告書

 事業名 宮崎県下の物流効率化に対応した拠点整備構想に関する調査研究
 団体名 九州運輸振興センター  


第2章 宮崎県下の物流を取り巻く環境

 

1. 宮崎県およびその周辺における地域特性

物流の発生・集中の要因となる人口、産業等社会経済状況について、宮崎県を中心とした南九州の特性を把握する。

なお、本調査においては、宮崎港、細島港および油津港の現在および将来における背後圏の広がりを考慮し、宮崎県、鹿児島県、熊本県の南九州3県に大分県を加えた4県を検討対象とする。

 

(1)人口動向

本調査の対象地域である宮崎県、鹿児島県、熊本県、大分県の4県の人口は1998年時点で約609万人で、九州全体の45%を占めている。各県の人口は、熊本県、鹿児島県、大分県、宮崎県の順に大きく、このうち、宮崎県は約120万人である。

調査対象4県における最大の都市は熊本市で約64万人、次いで鹿児島市(約54万人)、大分市(約43万人)、宮崎市(約30万人)と続いている。いずれの県も県庁所在地に人口の3割前後が集中し、県内第2都市との人口規模の格差が大きいが、宮崎県は他県と比較してこうした傾向がやや弱い。

 

表2-1-1 調査対象4県および人口10万人以上の市の人口(1998年)

012-1.gif

資料)住民基本台帳人口要覧(自治省)より(株)三和総合研究所作成

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,417位
(32,645成果物中)

成果物アクセス数
6,799

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月24日

関連する他の成果物

1.「奄美大島群島の海上交通ネットワークシステムの確立に関する調査研究」 中間報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から