日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

少年消防手帳

 事業名 防火活動啓蒙普及
 団体名 日本防火協会 注目度注目度5


2 火災が起きたらどうするか

 

自分の住んでいる家や自分の通っている学校が火災になったらどうしようかと考えたことがあるでしょうか。

火災は一人の手にはおえませんから、みんなが協力し合うことがたいへん重要です。それでは、どのようにするかといえば、「知らせること」「消すこと」「避難すること」の3つです。

この3つのことが早くじょうずにできれば火災の損害は少なくてすむわけです。

 

(1) 知らせること

○ まず、119番に電話すること。(119番のかけ方の項参照)

○ 「火事だ〜」と大声で何度も叫び、周囲の人に知らせること。

○ 声がでなかったら、手近にあるナベや洗面器をたたいて大きな音をだして異常を知らせること。

 

(2) 消すこと

ものが燃えるためには、木や紙などの「もえるもの」、火や電気などによって起こる「熱」、それから空気の中にふくまれている「酸素」という3つのものが必要で、これを「燃焼の3要素」といっていますが、この3つのものがそろってはじめて燃えるわけです。したがって、この3つのうちの1つを取り除けば火が消えます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
932位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
11,936

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.日本防火通信 222号
2.第18回 幼年消防全国大会
3.日本防火通信 220号
4.日本防火通信 221号
5.日本防火通信 223号
6.日本防火通信 224号
7.日本防火通信 225号
8.防火広報用ポスター
9.「防火活動啓蒙普及」の報告書
10.「環境シンポジウム1998千葉会議」リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から