日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

FRP造船業安全衛生・環境指導基準

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


ウ. 作業環境測定士

従業員の中に所定の資格を有する者があれば最も望ましいことであるが、そうでない場合には特定の機関に作業環境測定業務を依頼するものとして、日常の簡易測定を行うことのできる者を選任しておくことが望ましい。(勧)

 

4. 管理業務の内容

(1) 火災の防止に関する管理業務

防火について次の管理を実施する。

ア. 次に示す事項について、消防計画を作成して、これを実施する。

a. 社内消防の組織

b. 消防用設備等の点検及び整備

(注)消防用設備については、指導基準第6条解説を参照。

c. 避難通路、避難口、その他の避難施設の維持管理及びその案内。

d. 内装その他の防火上の構造の維持管理。

e. 消火、通報及び避難の訓練の実施。

f. 火災、地震その他の災害が発生した場合における消火活動、通報連絡及び避難誘導。

g. 防火上必要な教育。

h. 防火管理について消防機関との連絡。

i. 事業場において、危険物の流出その他の事故が発生したときは、直ちに、引き続く危険物の流出及び拡散の防止、流出した危険物の除去その他災害の発生の防止のための応急措置。

j. その他防火対象物における防火管理に関し必要な事項。

イ. 事業場の指定場所以外では、喫煙し、若しくは裸火を使用し、又は火災予防上危険な物品を持ち込むことを禁止する。(必)

ウ. ガス若しくは電気による溶接作業等は、可燃性の物品の付近においてこれを行わせない。(必)

溶接作業等を行う場合は、火花の飛散、接炎等による火災の発生を防止するため、湿砂の散布、散水、不燃材料による遮熱又は可燃性物品の除去及び作業後の点検その他火災予防上必要な措置を講じる。(必)

エ. 消火器及び消火用水バケツ・水槽・乾燥砂など消火器具の設置及び維持について次の点に留意する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
191位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
59,567

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.造船現図指導書−原寸型・定規−
2.「小型造船技術講習」の報告書
3.小型船造船業の実態調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から