日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

FRP造船業安全衛生・環境指導基準

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


【基準】

 

3. ガラス繊維の裁断作業管理

(1) 作業者に防じんマスク、手袋及び保護メガネを着用させる。

(2) 作業中は換気装置を運転する。

 

【解説】

 

3.ガラス繊維の裁断作業管理

この作業も前項と同じ条項〔別表第3(27条関係)〕の適用で、裁断する作業は、そのほとんどが手持式又は可搬式工具を用いて行っている。したがってガラス繊維のみ粉じんに関しては、労働省より平成5年1月1日付け、「ガラス繊維及びロックウールの労働衛生に関する指針」が通達されている。

この指針ではFRP加工用ガラス長繊維製品の加工作業に関して次の様に記載されている。

ガラス長繊維製品の加工作業において、切断し、研まし、又は仕上げする場所における作業を行う場合は、次の点に留意して作業を行うこと。ただし、樹脂等により固化されているものの加工のうち動力を用いて切断し、研まし、又は仕上げする場所における作業に限る。

(1) ガラス長繊維製品は、飛散に留意しながら切断・研ま等をすること。

(2) ガラス長繊維製品を取り扱うときは、必要に応じて皮膚に対する保護措置を施すること。

(3) ガラス長繊維製品を切断した切り屑は、すみやかに袋に入れる等、ガラス長繊維製品の飛散に留意して処置すること。

一方ガラス長繊維製品の包装体には労働省の指導により次の表示をすることになった。

・ガラス長繊維

取扱上の注意

1. 切断した場合の切り屑は、すみやかに袋に入れる等、粉じんの飛散に注意して下さい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
191位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
59,567

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.造船現図指導書−原寸型・定規−
2.「小型造船技術講習」の報告書
3.小型船造船業の実態調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から