日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

FRP造船業安全衛生・環境指導基準

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


【基準】

 

(2) 危険物の貯蔵及び取扱いの技術上の基準

危険物は、定められた基準に従って貯蔵し、又は取り扱わなければならない(危政令第24条から同第27条まで、危規則第39条より同第40条の7まで同条40条の2の5)。 

事業場の位置、構造及び設備は、所定の基準に適合したものでなければならない(法第12条、危政令第10条より同第19条まで、危規則第14条同条16条の2の2〜2の3、同17条、同18条、同28条の54〜55)

 

【解説】

 

(2) 危険物の貯蔵及び取扱いの技術上の基準

ア. 危険物の貯蔵及び取扱いの技術上の基準は、おおむね次のとおりである(法第10条、危政令第24条。)

a. 事業場では、許可若しくは届け出に係る数量や若しくは指定数量を超える危険物を貯蔵し、又は取り扱わないこと。

b. 事業場では、みだりに火気を使用しないこと。

c. 事業場には、係員以外の者をみだりに出入りさせないこと。

d. 事業場では、常に整理及び清掃を行うとともに、みだりに空箱その他不必要な物件を置かないこと。

e. 危険物を貯蔵し、又は取り扱う建築物その他の工作物又は設備は、当該危険物の性質に応じ、遮光又は換気を行うこと。

f. 危険物を収納した容器を貯蔵し、又は取り扱う場合は、みだりに転倒させ、落下させ、衝撃を加え、又は引きずる等粗暴な行為をしないこと。

g. 可燃性の液体、可燃性の蒸気若しくは可燃性のガスが漏れ若しくは滞留するおそれのある場所又は可燃性の微粉が著しく浮遊するおそれのある場所では、電線と電気器具とを完全に接続し、かつ、火花を発する機械器具、工具、履物等を使用しないこと。

など。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
189位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
60,389

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.造船現図指導書−原寸型・定規−
2.「小型造船技術講習」の報告書
3.小型船造船業の実態調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から