日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

JSMEA NEWS No.77

 事業名 舶用工業の海外広報宣伝
 団体名 日本舶用工業会  


001-1.jpg

 

Oceanic Earth Research Vessel "Mirai"

 

Hajime Nishimura, Assistant Director, Planning Department

Japan Marine Science and Technology Center

 

It was decided that the nuclear-powered vessel "Mutsu" launched in 1969 should be converted into an oceanographic research vessel, with its nuclear reactor section removed in 1995, and operated by the Japan Marine Science and Technology Center. At its launching ceremony in August 1996, the vessel was rechristened the "Mirai(Future)." It set sail on a shakedown voyage in October 1997.

More than twice as big in gross tonnage as any other research vessel in active service in the world,the "Mirai" is most significantly characterized by its ability to conduct observations in stormy weather. Early elucidation of environmental changes of global dimensions, such as the El Nino phenomenon and global warming, is urgently needed. This requires a way of conducting observations in particularly difficult areas, such as the marginal areas that freezes and areas with stormy weather.

 

 

 

CONTENTS   NEXT

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,795位
(31,138成果物中)

成果物アクセス数
1,250

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月25日

関連する他の成果物

1.JSMEA NEWS No.78
2.「舶用工業の海外広報宣伝」の報告書
3.各国舶用機関の生産動向 第23号 目次
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から