日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

第3回技術開発調査研究成果発表会 資料

 事業名 舶用工業における技術開発の推進
 団体名 日本舶用工業会  


4. 低速4サイクル機関のNOx生成低減技術

株式会社マキタ

設計部開発課  牧 俊光

 

1. 調査研究目的

ディーゼル機関のNOx生成濃度低減技術として、燃焼過程における圧力上昇のない等圧燃焼が火炎領域の著しい温度上昇を避け効果的である。燃料噴射時期遅延による方法が(効果)/(費用)が大きく一般的に採用されている。平成8年度、弊社において行った、標準燃料噴射系による燃料噴射時期遅延と圧縮比上昇を組み合わせたNOx低減試験では、燃費を増加することなくNOx生成濃度低減25%を達成した。しかしながら、近年における舶用ディーゼル機関の高噴射圧力・高噴射率の燃料噴射系では、予混合燃焼割合、即ち燃料噴射開始から着火までの時間にシリンダ内に投入される燃料割合が大きく、着火直後に急激な熱発生を伴い、燃料噴射時期遅延を行うと圧縮圧力Pcompと燃焼最高圧力Pmaxの間に圧力変動の"谷"を生じ、理想的な等圧燃焼の達成は不可能であり、NOx低減化は効果的なものとならない。

本調査研究は、プレ噴射を備えた燃料噴射系を調査研究開発し、燃料噴射初期にごく少量の燃料をシリンダ内で噴射着火させ、着火直後の急激な熱発生を抑え、理想的な等圧燃焼を達成する。理想的な等圧燃焼を達成することで、燃費性能の増加を極力抑え、NOx生成濃度の大幅な低減(40%)を図ることを目標とした。

 

2. 実施項目及び経過

本調査研究は、NOx生成低減技術調査研究として、下記項目(図1)を実施した。

(1) 燃料噴射系の設計及びシミュレーション計算

(2) モデル実験

(3) NOx生成濃度への影響度調査

(4) まとめ

 

033-1.gif

図1 実施経過

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,252位
(27,313成果物中)

成果物アクセス数
6,129

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2014年10月25日

関連する他の成果物

1.「舶用工業における技術開発の推進」の報告書
2.舶用技術に係る国際会議報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から