日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

開発途上国における運輸インフラ近代化計画支援事業報告書

 事業名 開発途上国における運輸インフラ近代化計画支援
 団体名 海外運輸協力協会 注目度注目度5


4 基本計画

 

4.1 ドック計画

 

船の解体の方法は係留の仕方によって次のように分類される(図4.1.1、及び船舶解撤マニュアル及び船舶解撤モデル工場参照)。

1、 水深の浅い岸壁又は突堤で沖係留

2、 岸壁係留(水深が深い場合)

3、 海岸又は河岸に設置の広幅突堤に横付け係留

4、 乾船渠又は係船掘利用

5、 曳揚船台利用(スリップウェイ方式)

6、 海浜の解撤船体利用又は矢板打込の突堤

現在、解体の70%がインド、バンクラデッシュで行われていて、そのほとんどでスリップウェイ方式が採用されている。この方法は設備投資がほとんど必要ないことから潮位差の大きい砂浜では極めて容易で経済的な方法である。労務費の安いところでまたいつでも労務者を調達できるところでは解体船の価格の変動にも柔軟に対応が可能である。このような理由からこの方法はこれまで採用されてきたが、反面この方法では海岸を油だらけにして汚すという環境上の問題から批判が非常に強まっている。環境を守るためというのが資源の有効活用ということとともに船舶を解体することの目的なので解体のために海岸を汚すのでは本末転倒になる。このような環境面からの批判に配慮してインドで掘り込みドックによる解体プロジェクトの建設が日本のODAで進行中である。

当プロジェクトも環境対策には万全を期するためゲート付きドライドックを採用した。このため、かなりの設備投資が必要なことから費用に見合う便益をあげるための効率化を考慮して平面計画を作成した。再生鉄筋制作のためにはVLCCの解体が効率がいいので30万トンのVLCCの解体が可能なドッグの大きさに決定した。深さについてはどのような種類の船の解体も可能なだけの十分な深さにした。この結果、ドックは幅60m、長さ350m、深さ10mとした。

建設予定地は、スエズ県アダビヤ湾であり、施設としてはドックの他に油処理装置、伸鉄工場などがある。年間6隻のVLCCを解体する計画とする。プロジェクトの概要を表4.1、計画された平面図を図4.1.2、断面図を図4.1.3さらに比較案を図4.1.4に示す。

 

4.2 解体手順

解体は船内大撤し解撤作業とヤード内中小撤作業で行われる。その手順は

1) 解体する船を係留する

2) 準備作業として各種解撤材及び付属品を取り除く

3) 船のバランスに注意しつつ階段状に切断を進める

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,654位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
3,229

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.「開発途上国における運輸インフラ近代化計画支援」の報告書
2.生鮮食料品輸送・保管のための保冷コンテナ及び冷凍保管庫の整備事業
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から