日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

開発途上国における運輸インフラ近代化計画支援事業報告書

 事業名 開発途上国における運輸インフラ近代化計画支援
 団体名 海外運輸協力協会 注目度注目度5


まえがき

 

本事業は、平成10年度「開発途上国における運輸インフラ近代化計画支援」として、日本財団から援助をいただき実施したものであります。

現地調査は、平成10年6月10日から同年6月20日までの10日間にわたり、調査員2名により、エジプト、スエズ運河のアダビヤ湾の解撤事業について、同国に滞在して、ドック侯補地の自然条件調査、電力、燃料、水等のインフラ調査、建設コスト、解徹需要調査、関係箇所との意見交換、資料収集および現場踏査を行いました。

更に平成10年9月3日及び同月10日の7日間にわたりイスマリアのスエズ運河局において、船の解撤計画に関して9月7日セミナーを開催し、出席いただいた方々から非常に熱心な質問をいただいたことは、この案件に対する並々ならぬ関心を多くの関係者が抱いていると確信いたしました。

現地調査および資料収集に際しては、特にエジプト・アラブ共和国・スエズ運河局より多大な便宜および協力をいただき、当初の目的を達成することができました。老朽船の解撤に関しては2000年から2003年にピークがくるものと予想されていて、その問題に対して最大の造船国である日本は解撤事業に貢献する必要性を強く感じた次第であります。

本調査の実施にあたり、多大なご指導をいただいた本邦運輸省をはじめ、在エジプト日本大使館、OECFエジプト事務所、現地政府関係機関ならびに関係者各位に厚く感謝の意を表する次第であります。

平成10年12月

社団法人 海外運輸協会

会長 竹内良夫

 

 

 

目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,654位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
3,229

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.「開発途上国における運輸インフラ近代化計画支援」の報告書
2.生鮮食料品輸送・保管のための保冷コンテナ及び冷凍保管庫の整備事業
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から