日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

OD21 Forum’99「深海地球ドリリング計画フォーラム」報告書

 事業名 海外における海洋科学技術情報の収集
 団体名 海洋研究開発機構 注目度注目度5


13

掘削と地震研究

 

金森博雄

カリフォルニア工科大学地震研究所

Pasadena, California 91125

 

摩擦溶解と流体加圧が、大型地震の際に重要な役割を演じることを、地震スリップ時の熱供給が示唆する。

摩擦応力σf下での断層作用を考えてみる。温度はσfと地震の規模Mwと共に上昇する。もし熱伝達が主に拡散によるものであれば、熱域の厚さwは、約10秒の地震時間スケールに対し1mm程の規模になる。それほどσfが大きくないとしても、温度上昇ΔTはMw>6で1000℃を越えるであろう。σfが大きくなれば、この値はより小さな規模となる。いずれにせよMw>4から6ではΔT>1000℃となる可能性が高く、溶解が起こる。

他の重要な過程は流体加圧で、もし断層域に流体が存在すれば、多くの研究者が指摘するように、100から200℃というそれほど大きくないΔTは孔隙圧力を増加させ、しいては摩擦を大幅に減少させる。すると断層域は、溶解もしくは孔隙圧の増加によって生じる多くの弱い小区域を持つようになる。熱的な状態はスリップの量により決定されるので、スリップの挙動は、スリップそのものによってコントロールされる。これは境界上での非線形過程や流体分布の若干のばらつきにつながり、スリップの挙動を多様なものにしているかもしれない。

このように掘削プロジェクトから得られる、沈み込み帯上面の流体の量や分布に関する情報は、沈み込み帯での地震の挙動の空間的、時間的な変化を理解する上で非常に重要である。いくつかの沈み込み帯では、非常に浅い境界付近でのスリップ速度が遅く、津波地震となっていることが判っている(1992年ニカラグア地震)。一方、他の沈み込み帯では普通の地震が起きている。さらに、比較的規則的に巨大地震が発生していると思われる南海トラフ沿いでは、1605年に発生した巨大地震は津波地震であったようだ。同じテクトニック地域であっても、地震の挙動は時間の関数として変化するようである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,044位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
9,222

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.OTC’98調査報告書
2.OMAE’98調査報告書
3.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Proceedings
4.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Program and Abstracts
5.International Symposium TRIANGLE’98 Proceedings
6.International Symposium TRIANGLE’98 Program and Abstracts
7.「深海地球ドリリング計画フォーラム」ポスター
8.「深海地球ドリリング計画フォーラム」予稿集
9.「深海地球ドリリング計画フォーラム」プログラム
10.「海外における海洋科学技術情報の収集」の報告書
11.横断的手法による21世紀の海洋利用技術創出に関する調査研究事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から