日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

OD21 Forum’99「深海地球ドリリング計画フォーラム」報告書

 事業名 海外における海洋科学技術情報の収集
 団体名 海洋研究開発機構 注目度注目度5


12

ドイツの大陸深掘削プログラム(KTB)

 

ロルフ・エマーマン

ドイツ、ポツダム市

 

ドイツの大陸深掘削プログラム(KTB)は、超深度掘削孔を利用してより深い地殻の特性と作用を調査するために計画された。主な研究課題は、

 

・地球物理学的構造と現象

・地殻応力場と脆性―延性移行

・地殻の熱構造

・地殻内流体と移動過程

・中央ヨーロッパバリスカン基盤の構造と発達過程

 

プロジェクトはいくつかの段階を経て実施された:まず、準備段階(1982-1984)、実施場所選定(1986-1986)、そしてパイロット掘削孔を4000mまで掘って、1年間の試験も含む導入段階(1987-1990)がある。主要段階(1990-1994)では、超深度掘削孔は最終的に9101mの深さに到達し、温度が270℃となった。ケーシング無しの裸孔部分での3つの連続した大規模実験が行われた。

 

最終段階(1996-2000)では広くアクセスの可能な2つの掘削孔が深部地殻実験室として使われる。そこでは3つの一般的なタイプの実験が計画されている。すなわち(1)異なる温度での時系列的に変化する物理パラメータの記録、例えば、地震活動度、潮汐影響、変形そして温度分布(2)能動的励起による実験、例えば、VSP、電気電導もしくは流体実験、そして(3)両方の掘削孔を利用して物理パラメーターの非等方性調査を高分解能で行なえるクロス・ホール実験である。

 

その中で特筆すべき結果としては、

・応力テンソルの連続した全体のプロファイルが得られた。

・KTBのメイン孔が現在の脆性―延性移行に入っているといういくつかの証拠が得られた。

・掘削された地殻コアからは大量の自由流体が、中間地殻深さにまで達していることがわかった。

・高角度の地震波反射測定により、地殻上部の変形パターンが描写された。

・剪断部での2次グラファイト(+/-硫化物)により地殻の電気特性が明らかになった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,044位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
9,222

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.OTC’98調査報告書
2.OMAE’98調査報告書
3.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Proceedings
4.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Program and Abstracts
5.International Symposium TRIANGLE’98 Proceedings
6.International Symposium TRIANGLE’98 Program and Abstracts
7.「深海地球ドリリング計画フォーラム」ポスター
8.「深海地球ドリリング計画フォーラム」予稿集
9.「深海地球ドリリング計画フォーラム」プログラム
10.「海外における海洋科学技術情報の収集」の報告書
11.横断的手法による21世紀の海洋利用技術創出に関する調査研究事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から