日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

OD21 Forum’99「深海地球ドリリング計画フォーラム」報告書

 事業名 海外における海洋科学技術情報の収集
 団体名 海洋研究開発機構 注目度注目度5


9

海洋ガスハイドレートの大量分解による

暁新世末期底生有孔虫類の絶滅

 

松本良

東京大学地質学学科

 

大量絶滅は、地球の歴史上で繰り返されている。

例えば、後期デボン紀、二畳紀-三畳紀境界、そして白亜紀-第三紀境界に起こっている。5550万年ほど前(暁新世末期)には、底生有孔虫類の中層水域(500-1000m)に於ける大規模な絶滅(25%)が、短期間(<〜5000年)で起こっている。同位体分析により、絶滅の前に劇的な海洋の温暖化(ΔT=〜6℃)(e.g., Kennet and Scott, 1991)と、δ13C(Δ=-2〜-4‰)の急激かつ顕著な負のシフトが起こっていることが判明した。これら同位体の手がかりは、暁新世末期の突然の絶滅のしくみを解き明かす鍵を提供してくれる。

 

ガスハイドレートは氷のような固体化合物で、水とメタンから成る。最近の地球物理学調査と深海掘削は、ガスハイドレートが大陸棚や堆積斜面に広く分布していることを明らかにした。ガスハイドレートに取り込まれている炭素の総量は1019グラム(10,000Gt)と見積もられており、これは現行の炭化水素資源(石炭、石油、天然ガス)の2倍、大気中二酸化炭素(CO2)の20倍に匹敵する。

 

ガスハイドレートは、低温高圧下で安定しており、海洋堆積物内で形成蓄積され、温度の上昇および/もしくは圧力の低下により容易に分離する。したがって地球温暖化は、海洋ガスハイドレートの大量分離を引き起こし、大気・海洋システムへのメタンの急激な大量放出を招くことになる。さらに、メタンによる温室効果により地球温暖化が加速され、酸素欠乏もしくは無酸素状態が地球上を取り巻くことになる。

 

ガスハイドレート内のメタンは、δ13C内で-50から-70‰PDBの幅を持つ13Cにより大幅に消耗される。海洋のTDCがかつて+2‰PDBで、海洋炭素の総量が35,000Gtであると仮定すると、海洋ガスハイドレートの20%の分離により、‐2から-4‰に及ぶδ13Cの強力な負のシフトを招くことになる。暁新世末期の底生有孔虫類の絶滅は、海洋ガスハイドレート分解によってもたらされた、記録に残る最も鮮明な例のひとつである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,044位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
9,222

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.OTC’98調査報告書
2.OMAE’98調査報告書
3.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Proceedings
4.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Program and Abstracts
5.International Symposium TRIANGLE’98 Proceedings
6.International Symposium TRIANGLE’98 Program and Abstracts
7.「深海地球ドリリング計画フォーラム」ポスター
8.「深海地球ドリリング計画フォーラム」予稿集
9.「深海地球ドリリング計画フォーラム」プログラム
10.「海外における海洋科学技術情報の収集」の報告書
11.横断的手法による21世紀の海洋利用技術創出に関する調査研究事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から