日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

OD21 Forum’99「深海地球ドリリング計画フォーラム」報告書

 事業名 海外における海洋科学技術情報の収集
 団体名 海洋研究開発機構 注目度注目度5


3. 講演内容

 

1. 冒頭挨拶

 

海洋科学技術センター平野理事長

22カ国が参加しているODPは2003年に終了するが、そのポストODPの勉強を始めたのが9年前。その間、科学技術庁、文部省、海洋研究所、奈須先生の検討委員会、NSF等の支援・協力を得てきた。昨年、航空・電子等技術審議会で推進すべきとの報告をいただき、11年度予算政府原案に地球深部探査船の建造が総理大臣の特別枠、総理の指示として盛り込まれた。国会、学会、マスコミからの支援もいただき、お礼申し上げる。

OD21は、40年来の科学者の夢であるマントルまで掘ることを目指したもので、輝かしい成果をあげているODPを受け継ぎ、ライザー掘削船と従来型掘削船の二船体制を目指している。その概要を知っていただくのがこのフォーラムの目的。

本計画は古環境、地震、メタン・ハイドレート、地殻内生命圏など目的は広い。それは科学的成果、環境、エネルギー、防災などに活用される。これからも技術開発、運用・研究体制、資金の確保など容易ではない難関がある。広い国民の支持を得るとともに若い研究者に知ってもらう必要がある。

 

科学技術庁池田研究開発局長

深海掘削については国内的には科学技術庁、文部省、海洋研、JAMSTECが協力している。水深2500〜4000mの海底から7000mの掘削能力を持つ地球深部探査船を開発し、ODPの後継計画としてIODPを提案しており、大切な事業と考えている。

新しい掘削船は約600億円の建造費を要し、あらかじめ評価を行うため多くの先生によって検討され、科学的に大きな価値があり、社会的にも貢献するとの評価結果を得て、11年度予算政府原案に盛り込まれた。これが首尾よく国会承認されれば、きちんと運航ししっかりした研究成果を出す体制を整備していくため、国民的にスクラムを組み、若い研究者に積極的な関心を持ってもらうことが大事になってくる。これらの取り組みは科学技術庁と文部省が省庁統合してますます強化される。このフォーラムが研究者に大きな刺激となることを期待する。

 

文部省学術国際局吉尾国際学術課長

宇宙の果てや物質の構造など未知の領域が狭まっているが、海には未知の領域が広く残っている。1975年に国際深海掘削計画に日本が参加して大きな役割を果たしてきた。ODPは、日本では海洋研を国内の中核機関として170余名が乗船しており、日本海での長期孔内計測、メタンハイドレートの掘削などの成果を上げている。

今後、深海掘削を将来の糧とする若い研究者の育成が課題である。ODPを推進してきた文部省とOD21を推進してきた科学技術庁が2001年には統合され、従来以上に強力に連携していく。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,044位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
9,222

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.OTC’98調査報告書
2.OMAE’98調査報告書
3.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Proceedings
4.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Program and Abstracts
5.International Symposium TRIANGLE’98 Proceedings
6.International Symposium TRIANGLE’98 Program and Abstracts
7.「深海地球ドリリング計画フォーラム」ポスター
8.「深海地球ドリリング計画フォーラム」予稿集
9.「深海地球ドリリング計画フォーラム」プログラム
10.「海外における海洋科学技術情報の収集」の報告書
11.横断的手法による21世紀の海洋利用技術創出に関する調査研究事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から