日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす



「海洋汚染・海上災害防止の手引き」

事業名    海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
団体名    日本海難防止協会 注目度注目度5


3 廃棄物処理用の船内設備

 廃棄物の処理方法は、費用、人の問題、発生量、船舶の構造及び航海パターンによって大幅に違ってきます。
舶用廃棄物処理に利用できる機器としては、焼却装置、粉砕装置、その他関連装置などがあります。

(1) 粉砕
 日常系廃棄物のうち、粉砕した食物くず、紙くず、金属くず等は、3海里以遠の海域で排出が認められています。粉砕装置は、省令に定める技術基準に適合する装置でなければなりません。

(1) 粉砕時の選択
 排出禁止海域を航行している場合、粉砕装置からの食物くずを含むスラリー状のものは、貯蔵タンクに入れるようにします。


(2) 各種廃棄物の焼却
 現在の舶用焼却装置は、主として、断続的運転かつ廃棄物の手動投入用に設計され、大気汚染対策まで考慮されていないものが多いようです。
 従って大気汚染規制を定めた港あるいは海域があることに十分注意しなければなりません。また、規制の有無にかかわらず、できるだけ海岸から離れて焼却するなどの配慮が必要です。

(1) 廃棄物の焼却方法
 プラスチック類の焼却には、多くの空気と高い温度が必要です。不完全燃焼のときは、下記のような問題が生じます。

イ. 排気中に気化した塩酸と青酸等を含んだ有毒ガス又は危険な中間生成物を生じることがある。ロ.ある種のプラスチック(たとえば、PVCをベースにしたプラスチック)の燃焼から出る灰は、重金属又は有毒な残留物を含んでいることがある。
ハ. 一般にプラスチック類の燃焼中に発生する温度は、相当高くなる。
ニ. プラスチック類の焼却には、平均的な都市ごみより3〜10倍の燃焼用空気が必要である。

 

 

前ページ    目次へ    次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
119位
(30,518成果物中)

成果物アクセス数
105,221

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年2月16日

関連する他の成果物

1.海難防止の周知宣伝事業報告書(海難防止訪船指導)
2.「海難ゼロへの願い」海難防止用パンフレット(和文)
3.「Zero Marine Casualties」海難防止用パンフレット(英文)
4.「海難防止のつどい」チラシ
5.「みんなで守ろう『川』と『海』」絵で見る教本(子ども向け)
6.「きれいな海でマリンレジャーを楽しく」絵で見る教本(一般向け)
7.「海と安全」4月号(No.471)
8.「海と安全」5月号(No.472)
9.「海と安全」6月号(No.473)
10.「海と安全」7月号(No.474)
11.「海と安全」8月号(No.475)
12.「海と安全」9月号(No.476)
13.「海と安全」10月号(No.477)
14.「海と安全」11月号(No.478)
15.「海と安全」12月号(No.479)
16.「海と安全」1月号(No.480)
17.「海と安全」2月号(No.481)
18.「海と安全」3月号(No.482)
19.「海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]

アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から