日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

空手道指導の手引

 事業名 空手道の普及振興
 団体名 全日本空手道連盟 注目度注目度5


(4) 逆突きとその練習法

 

063-1.gif

 

A. 1]リラックスした状態から、その場あるいは前足を半歩踏み出して前足へ体重移動。

2]腰の捻りとともに突き、元の姿勢に戻る。

B. 1]と2]を同時に行う。

 

(5) 対人練習での注意

対人練習では、「間合い」「タイミング」「視線」「残心」などが重要になってくる。まずミット、サンドバッグ、壁などで練習して、突きがコントロールできるようになってから行う。

安全のために、目標を相手の身体から拳1〜2個程度離れたところに設定する。

 

(6) 約束組手とその練習法

下記に例を挙げておく。

(ア) 約束組手基礎編

A. 防御側は自然体、攻撃側は下段受けの構え

・中段突きに対する防御(外腕受けによる防御から攻撃)

・中段突きに対する防御(内腕受けによる防御から攻撃)

・中段突きに対する防御(下段受けから攻撃)

・上段突きに対する防御(上段受けによる防御から攻撃)

・その他の受けによる防御

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
86位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
143,623

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.「第26回 全日本空手道選手権大会」パンフレット
2.「第26回 全日本空手道選手権大会」成績
3.「世界選手権大会」報告
4.「アジアジュニア空手道選手権大会」報告
5.「空手道の普及振興」の報告書
6.全日本なぎなた選手権大会
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から