日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

空手道指導の手引

 事業名 空手道の普及振興
 団体名 全日本空手道連盟 注目度注目度5


第5章 技能指導の要点

 

第1節 礼法・基本技術とその練習法

 

1 礼法とその練習法

 

空手道では、空手の技術とともに、礼法や道場における態度(広義には、道場を離れた生活態度)なども含めて身につけることを目的としている。

礼法とは礼のしかたのことであり、本来相手に対して心から敬意を表すもので、それにふさわしい動作が必要である。しかし空手道のような武道のなかには、護身のための動作が礼のなかに組み入れられている場合がある。例えば、座礼では一般的には両手を一緒につくが、空手道(全空連)では、手をつくとき、利き腕が最後になるように、左手、右手と片手ずつつき、手を上げるときは逆にする。これは相手が攻撃を仕掛けてきたときに、すぐに利き腕が使えるためである。このように空手道における礼法に関しては、護身を念頭にみていく必要があろう。

(1) 正座と座礼

(ア) 正座の座り方

上体を、最後まで崩さないようにして座る。立つ時も同じ。腰を曲げたりしない。手をつくと姿勢が乱れ、不意の攻撃に対しても対応できない。正面を向いて、姿勢を崩さないで座ることは、相手が攻撃してきた時の護身にもかなっている。

1]左足をわずかに引く。

2]左膝をつける。

3]右膝を床につけ、左膝に揃える。

4]親指を重ねるか、揃えて腰をおろす。

正座したときの両膝頭は、拳が1〜2個入る程度に開く。両手は、腿のつけ根の近くに、指先を内側に向けておく。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
86位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
143,542

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.「第26回 全日本空手道選手権大会」パンフレット
2.「第26回 全日本空手道選手権大会」成績
3.「世界選手権大会」報告
4.「アジアジュニア空手道選手権大会」報告
5.「空手道の普及振興」の報告書
6.全日本なぎなた選手権大会
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から