日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

発展の制約−中国・インドを中心に−

 事業名 人口・開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


6 経済自由化と農業問題

 

インド経済のマクロ不均衡は、1991年4月に外貨準備高が年間輸入額の2週間分にまで払底するという経済危機につながった。インドはIMFと世銀から構造調整融資(SAL)を受けることにより、この難局を乗り切ろうとした。しかしこの融資にはコンディショナリテイが伴っており、インド経済は自由化を余儀なくされた。この時点で、インドの財政赤字は危機的水準にあった。

1991/92年度の『経済白書』は「財政」をはじめの章として、次のような書き出しではじまる。「1980年代を通じて緊迫していた財政事情は、急激な財政赤字の悪化とともに1990/91年に危機的状況に陥った。財政赤字は、国際収支に悪影響を及ぼすとともにインフレ圧力をも生みだしていた。対GDP比でみた中央政府の粗財政赤字は、1970年代半ばの4%、1980年代はじめの6%と比べて、1985/86年度以降は8%以上となっている。こうした財政赤字は維持不可能であり、国家をデット・トラップ(筆者注:国債利払費が新規国債発行額を上回る現象であり、インド政府は州政府も含めて既にこのトラップに陥っている)に導く可能性がある。財政危機の主たる要因は、削減できない非開発支出(筆者注:国防・公債利払費・補助金など)と公的部門の低い投資効率である」。

赤字財政の主たる原因が農業部門への補助金(化学肥料と食料)であることを考えれば、その縮小には既得権益集団の反発がともなう。盤石の政権与党が成立しない限り、この問題の解決は容易ではないであろう。また別の観点からいえば、公共配給制度のための食料補助金は、膨大な貧困層へのセーフテイ・ネットの提供を意味している。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
125位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
101,303

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.Constraints on Development−Focus on China and India−
2.「地球からの警告」スライドビデオ
3.「人口・開発国際協力」の報告書
4.1997年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から