日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

発展の制約−中国・インドを中心に−

 事業名 人口・開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


(3)集約経営を実施し、現有耕地の単位面積収穫高を向上させる。中国の収穫高の低い耕作地は約6500万ヘクタールであり、耕地総面積の三分の二を占めている。食糧と経済作物の生産量をさらに向上させるには、収穫高の低い耕作地を改造し、細かい耕作と集約経営を行なわなければならない。

(4)沿海地域では、干潟資源を総合開発利用する。中国の大陸の海岸線は1.8万キロメートルであり、干潟が約200万ヘクタールに達している。中部地域(主として上海、江蘇、浙江の49の県または市を含む)は開発が割合に早く、開墾度も比較的に高く、食糧、綿花、アブラナ、砂糖原料、桑などを植えており、また塩田を開いたり、エビ、昆布、しおふきなどの淡水養殖を行なったりして、良好な経済効果を挙げて、他の地域での干潟開発に貴重な経験を提供している。

(5)土の保持をよくし、山区耕地を保護する。中国は山地が国土面積の66%を占めており、三分の一の耕地は山区に分布しているが、山区耕地が直面している最大の危険は水土流失である。中国の水土流失の修理方針は、各地の自然条件に基づき、小流域を単位として、合理的計画を行ない、総合的、集中的、連続的治木工事を行ない、また生物的措置と治水措置を平行させ、修理と生産を結び付け、現在の利益と長期の利益を結び付けるということである。

(6)北部の砂漠化土地を修理し、その周辺の耕地を保護することである。中国北部の砂漠化した土地は3280万ヘクタールであり、400万ヘクタールの耕地が砂漠化の危険に直面し、12の省の207の県と市に分布している。砂漠化程度と気候類型の違いによって、砂漠化土地の修理措置も違ってくる。自然条件の割合に良い半湿潤地域では、合理的な資源利用を通じて生態バランスを保持し、砂漠化した土地が生産能力を回復できるようにする。半干ばつ地域の草原では、天然植生を保護するほかに、森林保護ネットワークを中心に、丘の間または低地を利用して人工植生を行ない、牧場の飼育量を減少させる。干ばつ砂漠地帝では森林保護システムを建設し、節水灌漑技術を普及させ、砂防用植物を栽培し、生態バランスの回復を促進する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
126位
(31,210成果物中)

成果物アクセス数
101,373

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月22日

関連する他の成果物

1.Constraints on Development−Focus on China and India−
2.「地球からの警告」スライドビデオ
3.「人口・開発国際協力」の報告書
4.1997年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から