日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

発展の制約−中国・インドを中心に−

 事業名 人口・開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


まとめ

 

他の国のなかでも、中国は経済開発を支援するために水供給の増加が必要であると主張し、その対策として巨大ダム・分水や管井のプロジェクトを進めている。しかしこのような方策は、まず黄河と河北省の地下水といった辺境地域から終わりを迎えつつある。しかしこれまでのところ、現在の水使用の非持続性は、それほど開発に制限を与えていないようである。

この状況は2通りに解釈できる。1つは、中国の現在の開発方式は徐々に明らかになっている段階で、単に破滅が先延ばしにされている。つまり、21世紀に悲劇が起こるという見方である。もう1つは水を利用する全ての人が水を経済価値、あるものと考え、水資源使用制度を柔軟なものにする。そうすれば悲劇を避けることはできるだろう。このストーリーはある人々にとって悲しいニュースで、ハッピーエンドにもならないが多くの人々にとってないのだ。

 

参考文献

 

(1) 執筆時点では、洪水により中国では3,004人、インドでは2,343人が死亡(1998年8月29日付ジャパン・タイムス:4)、バングラデシュでは370人が死亡(1998年8月28日付インターネット版インデペンデント紙)と報告されている。長江周辺の洪水は3万3,000人が犠牲となった1954年以来の大惨事となり、北東部にある中国最大の大慶油田も洪水に見舞われた。バングラデシュは過去10年来で最悪の洪水である。

(2) この見解のもっとも極端な例は、Karl August Wittfogelの「東洋の専制政治」 (Oriental despotism)である。これほど過激でない広く受け入れられている見解は、灌漑と治水に基づいた「アジア的な生産方式」で、これはおそらく国内での産業革命の進展を阻害する要因となっていると考えられる、官僚国家の未成熟な発展につながっている。参考として、Mark Elvinらの「中国の水資源管理の歴史についての日本による研究」(Japanese  Studies on the History of Water Control in China)キャンベラ:最新研究所、ANU、1994年を参照されたい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
126位
(31,138成果物中)

成果物アクセス数
101,334

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月25日

関連する他の成果物

1.Constraints on Development−Focus on China and India−
2.「地球からの警告」スライドビデオ
3.「人口・開発国際協力」の報告書
4.1997年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から