日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

発展の制約−中国・インドを中心に−

 事業名 人口・開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


1. 中国とインドの比較

 

すでに第3世界の人口の半分以上を含める中国とインドは、その人口規模がさらに増えながら中国に近づきつつある。水資源とその使用に関して、実質的にも表面的にも多くの面でこの両国はたいへん似通っている(表1参照)。中国はブラジル、ロシアに続き、世界でもカナダとともに第3に水資源が豊富な国であり、その次にインドネシア、米国と続いている。インドはこれに続き、7番目に水資源が豊かな国である。しかし中国とインドでは人口に差があるため、中国の一人当たりの使用水量は中国が2,200立方メートル/人/年と、インドの2,100立方メートル/人/年をわずかに上回っているのみである。どちらも世界平均の6,900立方メートル/人/年を大きく下回っているが、通常、深刻な水不足を示す1人あたり1,000立方メートル/人/年よりは上回っている。

しかし両国とも、この1,000立方メートル/人/年を下回る地域が存在する。中国では黄河流域が593立方メートル/人/年(1990年)(3)、北京、天津、河北、内蒙古、山西、山東、河南を含む北部が556立方メートル/人/年(1990年)となっている。(4)インドでは、南部のタミル・ナドゥ州とアンドラ・プラデシュ州のほとんどを占める流域と、インド西部のグジャラート州およびラジャスターン州南部が、1,000立方メートル/人/年未満か、絶対的な水不足(数値不明)に苦しんでいると、タタ(Tata)エネルギー研究所によって確認されている。(5)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
125位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
101,303

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.Constraints on Development−Focus on China and India−
2.「地球からの警告」スライドビデオ
3.「人口・開発国際協力」の報告書
4.1997年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から