日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

発展の制約−中国・インドを中心に−

 事業名 人口・開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


3 都市化と水資源

 

都市は古代においては交易の據点として形成されてきた歴史もあるが、本格的な都市化(都市在住人口の比率)の進展は、近年の産業社会への移行以来のことである。世界の都市化率は1975年の30%から80年40%、95年に45.3%と著しいものがある。

産業の立地には原料立地、消費地立地など、産業の性格によって差異があることは否定できないが、都市化と工業化とは相乗効果をもつものとしていわば楯の両面であり、経済的側面での工業化と社会的側面での都市化は密接に関連している。

都市化のテンポで、アジアが西欧より遅れていたことは上述の理由で説現できるであろう。しかし、アジアの都市化も別表にみられるよう、70年代以降、まさに工業化の本格化と歩調を合せるように急速に上昇してきた。2000年予測では、国別には都市国家であるシンガポール、香港の100%は別格としても、日本の87%、韓国の79%をはじめアセアン諸国も30〜50%、やや遅れていた中国も36%と見込まれている。

こうした都市化の進展を反映して、生活用水の年から2000年にかけて1.4倍、さらに2025年には1.9倍となるとする資源研究所の予測もある。国連の調査によれば、途上国における水供給の状態として、適切な水供給を受ける人口の比率は都市部の87%に対し農村部では33%に止まっているとされ、都市化による水供給の条件は都市化を阻害する要因とはなっていないことを示唆している。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
125位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
101,303

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.Constraints on Development−Focus on China and India−
2.「地球からの警告」スライドビデオ
3.「人口・開発国際協力」の報告書
4.1997年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から