日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第59号

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


坂入……蝋人形のようですね。木彫でありながらこれだけの技術はすごいです。

木下……日本の見世物が具体的にどんなものを見せてきたのか、そのひとつひとつを知る必要があります。江戸時代にオランダ商館長ブロンホフが日本から持ち帰ったといわれているミイラの調査も進んでいます。鬼あり、河童あり、人魚あり、何ととぐろを巻いたロクロ首のミイラまでがあります。これらはヨーロッパ人の好奇心を満たすための重要な輸出品だった。もちろん全部贋物です。

山口……いかがわしさは文化の精髄ということですね。

木下……見世物の細部と全体像の両方を復元すること、見世物研究はまだ緒についたところです。

 

註1]……消え去ろうとしている見世物小屋を手がかりに、見世物性、仮設性の世界を総合的に記録し、研究することを目的に、1999年春設立に向けて準備中。日本仮設興行組合の西村太吉氏(理事)からの協力をえることができ、産学協同の精神で運営される学会は期待できそうである。学会の構想は、かつて故郡司正勝氏と山口昌男氏との間で検討していたもので、今回それが実現されることになる。

 

056-1.gif

梵天祭りの高市[栃木県上河内村・渡辺良正撮影]

 

056-2.gif

龍馬歴史館の歴代高知県知事

 

056-3.gif

山口昌男(やまぐちまさお)

一九三一年北海道生まれ。東京大学卒。現在、札幌大学教授。

主な者書に『アフリカの神話的世界』『道化の民俗学』『文化と両義性』『文化の詩学』I・II

 

056-4.gif

木下直之(きのしたなおゆき)

一九五四年浜松生まれ。東京芸大卒。兵庫県立近代美術館学芸員を経て現在、東京大学総合研究博物館助教授、近代美術氏史。著書に『美術という見世物』

 

056-5.gif

坂入尚文(さかいりひさふみ)

一九四七年東京生まれ。東京芸大中退。友人と蝋人形館を興行。千葉県で農業を経験後、飴細工師として露天商を営む。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
140位
(30,771成果物中)

成果物アクセス数
88,761

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月20日

関連する他の成果物

1.豪雪地 渋海川流域の民家とその環境
2.越前大野の城下町と町家
3.旧中林綿布工場保存活用調査報告書
4.自然と文化 第58号
5.自然と文化 第60号
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.シルクロード地域 各国観光情報収集調査 トルコ・シリア編 報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から