日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第59号

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


鼎談………山口昌男・木下直之・坂入尚文

見世物の仮設性

 

◎人はなぜ曲芸や珍奇なるものの姿を見たがるのか◎

 

山口……木下さんは五年前に平凡社から『美術としての見世物』を出していまして、今日はその意図、見世物とは何かを聞き出してみたい。私は専ら贋物ということに興味を持っている者でして、見世物と贋物の間になにか相通じていくものを感じるのです。木下さんはなぜ見世物に注目したのですか。

木下……見世物の世界は、思っていた以上に広大で、正面から取り組むことは大変なことだと考えています。われわれが知っている見世物の世界、というよりも「見世物」という言葉を耳にして思い浮かべるものは、おそらく、見世物のほんの一部にすぎない。

「親の因果が子に報い」の口上で始まるようなグロテスクでいかがわしいものしか思い浮かばないとすれば、それは、近代の日本社会が見世物をそういう場所に押し込んできたからです。曲芸はスポーツやサーカスに、珍奇なるものを見せる見世物は博物館や美術館に回収され、見世物の世界がやせ細ってしまったことは間違いなのですが、これをもって見世物のすべてだと考えてはいけない。もっと広大で豊かな世界があったはずです。

 

045-1.gif

大寅興行社の絵看板の一部[オール見世物より]

 

人はなぜ曲芸や珍奇なるものの姿を見たがるのか?おそらく、これは永遠に解けない謎であるとともに、人間というものを考える鍵であり続けるだろうと思います。

ところで、最近の新聞では、それぞれの表現規準に従って「見世物」と書かずに「見せ物」と書きます。つまらないことかもしれないが、見世物が人間とその社会を解き明かす手掛りだと考える私には、この「世」という文字は捨て難い。見世は店であり、役者の顔見世、遊女の張り見(今はスポーツ新聞や電話ボックスの中にある)に通じる言葉ではないですか。世の中で人やものがどのように見せられ眺められているか、それを追いかけてみたいと思っています。

山口……最近私は、文化の常設性と仮設性を問題の焦点にして論ずることが多いのですが、新聞が読む見世物です。明治時代にできた新聞は、誰かが読んで聞かせたわけでしょ。一過性の仮設性に基づいている。新聞のあらゆるものが見世物的性格に一回還元できる。朝野新聞が残虐性の高いけばけばしい版画で売ったことにそれは現われているでしょう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
141位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
90,038

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.豪雪地 渋海川流域の民家とその環境
2.越前大野の城下町と町家
3.旧中林綿布工場保存活用調査報告書
4.自然と文化 第58号
5.自然と文化 第60号
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.シルクロード地域 各国観光情報収集調査 トルコ・シリア編 報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から