日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第58号

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


066-1.gif

『別尊雑記』の兜跋毘沙門天図像

 

066-2.gif

ボストン美術館蔵の兜跋毘沙門天像

 

古代九州の仏教文化の中心地であった福岡県太宰府市の観世音寺には、今なお宝蔵(収蔵庫)に往年の姿を彷彿させるかのような古仏や巨像群が安置されている。その中で一番の古様を示す“仏像”に、兜跋(とばつ)毘沙門天像が挙げられる(図1]、注1])。この像は高さ一六〇センチでクスノキの一材からなり、おそらく平安時代初期に造られたものであろう。その優れた造形性から、私は東寺像や成島毘沙門堂像と並んで、日本に残る兜跋毘沙門天像中三本の指の一つに数えている。

毘沙門天の形態は、髻(もとどり)を高く結い上げ、彫りの深い目鼻立ち、 つり上がった眉、眉間のしわ、引き締まった口の動きを一点に集中させる忿怒の形相を表し、広袖の衣の上に唐風の皮甲を着て、獅噛を両肩、両脛、腹のベルトにつけ、胸甲には鬼面を配し、腰を左にひねって右膝をゆるめたスタイルをしている(各部に大幅な修理が施され、持物などは後補)。地天女(ちてんにょ)は雲状の台座(新造)に上半身を現し、尼藍婆(にらんば)・毘藍婆(ひらんば)の二鬼は地天女の背後に隠れるように蹲っている。このような唐風の皮甲を者る服制と地天女の背後に蹲る二鬼の形勢の起源は、後述する『別尊雑記』(べっそんざっき)の兜跋毘沙門天図像(図2])に求められる可能性があり、また、後者の特徴は比叡山伝来とされる現ボストン美術描所蔵の兜跋毘沙門天図像(毘沙門天曼荼羅、図3]にも見られ、観世音寺の兜跋昆沙門天像に比叡山天台系の図像の影響が示唆される。
しかし、この兜跋毘沙門天像の文献的裏付けは、江戸時代の『大宰管内志』の記事より遡り得ない。この像が、いつどこで造られたか定かでないばかりか、康治二年(一一四三)の「観世音寺年料米相折帳」に本像の記載がないため、中世以降どこからか観世音寺に移管された可能性が指摘されている。だが、私はこの兜跋毘沙門天像も元から観世音寺に安置されていたと考えている。その理由は、この像の地天女の姿に隠されている。

地天女は、大きな団子形の単髻(たんけい)を結い、頭髪を胸前に垂らし、広袖の衣の上に袍(ほう)を纏(まと)い、両掌を捧げ毘沙門天を差し上げている。面貌は丸顔で切れ長の目をもち口元に少し笑みを浮かべた、まさに女神たる風格を備え、平安初期の女神像の代表例である奈良・薬師寺鎮守八幡宮の女神像(図4])にも匹敵できる見事さである。けっして毘沙門天の下で埋没した存在となっていない。その意味から、この地天女は、薬師寺の女神像のような在地を守る地母神としてイメージされているのではないか。このように考えると、観世音寺鎮守の地天女と毘沙門天が合体した本像も、寺内のどこかの堂塔・本社に祀られていた可能性がある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
382位
(28,998成果物中)

成果物アクセス数
24,128

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年8月19日

関連する他の成果物

1.豪雪地 渋海川流域の民家とその環境
2.越前大野の城下町と町家
3.旧中林綿布工場保存活用調査報告書
4.自然と文化 第59号
5.自然と文化 第60号
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.シルクロード地域 各国観光情報収集調査 トルコ・シリア編 報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から