日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第58号

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


谷川…『大日本地名辞書』の序文に三上参次という歴史学者が書いています。旧幕府は文化七年に地誌の編纂を学問所に命じました。天保元年に『新編武蔵風土記稿』、そのあと『新編相模国風土記稿』が完成しました。加納諸平(かのうもろひら)、本居大平(もとおりたいへい)は和歌山藩の命によって『紀伊続風土記』を作りました。また、頼杏坪(らいきょうへい)の『芸藩通志』が出ました。最後の花が『大日本地名辞書』と考えれば非常に理解しやすい。

渡辺…東伍は『大日本地名辞書』の序文で堂々と自分の書いた辞書は地誌であると宣言しています。

谷川…今の地名辞書と違います。地名は項目なのです。項目を引くと地誌が出てくるのです。

 

◎日韓併合の理論『日韓古史断』を執筆

谷川…『日韓古史断』が日清戦争の前にでたのは政治的な勘繰りができないこともない。朝鮮を舞台に権益をめぐって清国と日本が争っていましたから。

渡辺…結果的にはタイムリーな出版物でしたし、東伍は歴史地理学者としての名前を世に出したわけです。日鮮同祖論は後に固まってきますが、あの時点で発表し世に問うたことは史学史的にも大きいと思います。日朝交渉史研究の学史から見ても『那珂(通世)氏の年代考において征韓の年次を証す』を明治二十一年(一八八八)に雑誌『文』に投稿している。彼は朝鮮問題についてかなり早い時期から勉強していました。

谷川…『日韓古史断』は冨山房から刊行されましたが、『大日本地名大辞書』の前から冨山房と関係があったのですか。

渡辺…前島密と市島春城が冨山房の坂本嘉治馬に口を利いたと言われています。坂本嘉治馬が、東伍の人となりを見ておこうと、お茶の水の下宿先を訪ねるのです。部屋に入ると、そこには一閑張りの机が一つ置いてあるだけなのでびっくりした。この有名なエピソードは、地名辞書を編纂している時のこととして紹介されていますが、正確に言うと、『日韓古史断』を執筆している時のことです。坂本は書物がない部屋を見て、「先生は資料もなしでどうやってお書きになりますか」と聞くと、「図書館に一日行ってくれば、十日や十五日は書ける」と東伍は答えたというのです。坂本は痛く感動して出版を即断する。

坂本は、冨山房の社史を書いた時、『大日本地名辞書』のながれの中でエピソードを紹介したので、こういう間違いが起きたのです。

谷川…『大日本地名辞書』の序文の「政治沿革編」の中でも、垂仁天皇の時、伽耶からの朝鮮の移民が日本にやってきたと述べています。これをどう理解したらいいのか分かりません。日本が朝鮮を合併する理論的な基礎の一つがそこにあるような気がする。東伍は自分を楽浪の逸民と称していましたが、その意味するところは高句麗が先祖で自分はその末裔ということでしょうか。

渡辺…戦前に金沢庄三郎先生が『日鮮同祖論』をまとめますが、周りが言うように兄貴が日本で、朝鮮が弟であるという言い方はしていないです。むしろ「上古の韓漢は我国より見て先進国であった」と書いています。その時期に、学問を利用する側の方で勝手な解釈をする。実際に、『日韓古史断』は明治二十六年(一八九三)に初版が出ますが、明治四十四年(一九一一)に入り、併合された時に「復刻」されるのです。

 

014-1.gif

『日韓古史断』の表紙。表紙デザインは東伍自身による

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
371位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
27,478

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.豪雪地 渋海川流域の民家とその環境
2.越前大野の城下町と町家
3.旧中林綿布工場保存活用調査報告書
4.自然と文化 第59号
5.自然と文化 第60号
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.シルクロード地域 各国観光情報収集調査 トルコ・シリア編 報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から