日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第58号

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


鼎談…井上慶隆+渡辺史生+谷川健一

風土を読む。吉田東伍

 

003-1.gif

四十代前半の吉田東伍

 

谷川…吉田東伍の最近の話題についていえば、新潟県北蒲原郡安田町に去年の九月十七日に吉田東伍記念博物館が誕生したことです。この意味は、大変深いものと考えています。吉田東伍は、『大日本地名辞書』の編者でもあり著者でもあります。日本の地名研究の先達を挙げるとすれば、吉田東伍と柳田国男です。柳田国男は『日本の地名』を書き、これは地名研究者の指標になっていますが、一方、吉田東伍の『大日本地名辞書』は地名研究者だけでなくて、歴史家にも今もって活用されている。

吉田東伍の『大日本地名辞書』が完成して、上野精養軒で祝賀会を開いたのが明治四十年(1907)です。それから九十一年後の今日まで、未だに日本の地名辞書の中では『大日本地名辞書』に匹敵するというか、ぬきんずるものはないのです。最近は、平凡社と角川書店から県別の地名辞典が出版されていますが、それらを見ても不満の部分がかなりあります。それで吉田東伍のを見てみると、足りないものが補われるのです。これは画期的なことで、驚嘆すべきことです。九十一年前の地名辞書が今もって最先瑞の知識を私たちに供給できる秘密はどこにあるのだろう、と私はかねがね愛用しながら思っているわけです。

どうして不朽の名著として残りえたのか、吉田東伍の生い立ちから、あるいは風土からえてみたいと思っています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
372位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
27,092

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.豪雪地 渋海川流域の民家とその環境
2.越前大野の城下町と町家
3.旧中林綿布工場保存活用調査報告書
4.自然と文化 第59号
5.自然と文化 第60号
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.シルクロード地域 各国観光情報収集調査 トルコ・シリア編 報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から