日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

豪雪地 渋海川流域の民家とその環境

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


088-1.gif

図3-3 茅葺民家の分布

 

瀬違いを含めて渋海川の旧河道が複雑に入っているため、川沿いの集落の多くは、それぞれに見通し、奥ゆき、広がりなどがあり、集落景観を多様なものにしている。

山地斜面や地すべり斜面に立地する集落は、斜面方向が一律であったり微地形の影響などで、集落をひとつのまとまりとしてみることがしにくい場合が多い。しかし、集落の様子が把握できないことは、見方を変えれば、歩くなど移動することで得られるシークエンス景観(連続して展開する動景観)によって集落のイメージをつかむしかなく、そうした変化は、集落めぐりの醍醐味である「新しい展開への期待感」を増幅させる効果がある。しかし、こうした立地の集落は日常生活の利便性が乏しく、世代交替ができないなどの理由で移住する住民が目立ち、集落として成り立たなくなる傾向にある。

山村イメージのシンボルともいえる茅葺民家は減少著しいが、集落に点在する程度には残っており、山村集落の雰囲気を高める要として生きている。

地質的に生活に利用できる岩石類が乏しい土地柄ということもあり、戦後、主に昭和30(1955)年前後から信濃川の玉石を用いて敷地の法面を固めることが盛んに行なわれてきた。伝統的に培われてきた文化の結晶ではないが、ひとつの時代背景を語る集落の風情として欠かせないものになっている。

集落内や集落周辺には稲を干すハサ木が多い。最近は機械乾燥が主流になってめっきり減ってしまったが、仙田郷にはまだ多くのハサ木が残り、ひとつの地域色をだしている。しかも、ハサ木の樹種はハンノキやタモの類が一般的だが、ここでは多種多様な樹種を用いており、そのバラエテイーに驚かされる。すでに使われていないものもあるが、これは景観的に大きな特徴といえる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
692位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
14,282

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.越前大野の城下町と町家
2.旧中林綿布工場保存活用調査報告書
3.自然と文化 第58号
4.自然と文化 第59号
5.自然と文化 第60号
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.シルクロード地域 各国観光情報収集調査 トルコ・シリア編 報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から