日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

豪雪地 渋海川流域の民家とその環境

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


集落再編整備事業として町内転居を促した。千手地区高原田地内に宅地造成を開始し、1972年には1区画平均240平方メートルの分譲地を16区画用意した。

企業誘致  企業進出第一号はハリマヤ運動用品・で1970年、中仙田に新潟支社仙田工場が、翌年に橘工場が操業を開始した。第2号は・大和伸管所新潟橘工場で1975年、第3号は・ジャルコ1980年であった。・キツダは・川西工業として、大東紡織・は新潟工場として1985年に操業を開始した。エイシン興産・魚沼工場1995年、・KND電器などがあった。これら企業誘致には固定資産税を3年間免除など優遇条件があった。

誘致企業は11社で電子部品、自動車部品組立、鋼材加工、繊維など。雇用者数305人、出荷額56億円。ほとんどが女性雇用型で若者の定住を促進するまでにはいたっていない。事業所数68、うち繊維28、従業員839、うち繊維192、製造品出荷額11,176,00万円、うち繊維1,821,00万円。

辺地対策事業は、過疎対策と並んで辺地性から脱皮することを目指したもので、川西町では仙田地区に集中して町道整備がおこなわれた。この結果、基準の上からは辺地性を解消した。

このような過疎のなかで、高倉国際村は注目された。この国際村は、慶応大学医事振興会による僻地診療班が仙田地区に1969年2月に入り、医療サービスに貢献したことに始まる。通称「松葉平」のこの国際村は、高倉集落西の一段高い斜面を造成して別荘地として開発したものである。診療班として来町した医師団が高倉の風土に魅力を感じたことに対して、町が医療奉仕活動に感謝する意味で土地のあっせん、道路整備、水道敷設、電力施設でこたえた結果、1973年に実現したのである。国際色豊かな入居者の顔ぶれから高倉国際村と呼ぶようになった。別荘の人達は地元高倉をはじめ町内の人々と交流を深めながら別荘生活を楽しんだ。

この国際村も開発以来30年を経過した現在では、所有者の世代交代もあり以前のように活発な活動はしていないようである。

 

[参考文献]

1 川西町史編さん委員会編「川西町史 通史編 上巻」

1987.3 川西町

川西町史編さん委員会編「川西町史 通史編 下巻」

1987.3 川西町

2 川西町史編さん委員会編「川西町史 資料編 上巻」

1986.10 川西町

川西町史編さん委員会編「川西町史 資料編 下巻」

1986.10 川西町

3 1998川西町勢要覧、平成10年度版川西町勢要覧資料編

1998.9 新潟県川西町

1996川西町勢要覧、平成8年度版川西町勢要覧資料編

1996.9 新潟県川西町

4 川西町「川西町克雪タウン計画-冬を快適に過ごすことへの工夫とチャレンジ」1990.3 川西町

5 川西町「第五次川西町総合開発計画 平成8〜17年」

1996.3 川西町

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
692位
(31,861成果物中)

成果物アクセス数
14,294

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年4月4日

関連する他の成果物

1.越前大野の城下町と町家
2.旧中林綿布工場保存活用調査報告書
3.自然と文化 第58号
4.自然と文化 第59号
5.自然と文化 第60号
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.シルクロード地域 各国観光情報収集調査 トルコ・シリア編 報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から