日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

地域の特性に即応した資源循環型まちづくりに関する調査研究

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


4 歴史

 

現在の練馬周辺に人が住み始めたのは、約1万5,000年前の先土器時代からとされ、遺跡も発見されている。続く縄文時代の遺跡のひとつに池淵遺跡があり、一部が公園として保存されている。また、栗原遺跡には7〜8世紀頃の竪穴住居が復元されている。大化改新(645年)後の律令国家における行政区域では、武蔵国豊島郡に属した。豊島郡は、現在の千代田・中央・台東・文京・荒川・北・板橋・新宿・豊島・練馬の10区にまたがる広い地域を占めており、大半は草原と雑木林の続く広大な原野だったと推測されている。

平安時代末頃には荘園を基盤として武士団が生まれ、武蔵国豊島郡では豊島氏が勢力を広げた。豊島氏は、最初の拠点として平塚城(現在の北区上中里)を築き、鎌倉時代には現在の練馬地域に進出したと伝えられる。鎌倉・室町期には城をめぐる攻防が頻繁に起き、石神井城主・豊島泰経と大田道灌との戦いにより、約200年にわたって練馬地域を支配した豊島氏は滅んだ。その後、大田氏、北条氏の支配へと代わっていく。

江戸幕府が開かれて、練馬の村々は大部分が天領(幕府直轄地)に、一部は旗本の知行地となる。当時は水に恵まれない土地柄のため、農地のほとんどが畑で、その面積も限られていた。幕府は上水を開発し、玉川上水から分水して造られた千川上水は、宝永4年(1707年)に農業用水としての利用が許され、貴重な水資源となる。練馬地域は江戸の発展に伴い、江戸市中に大根・ゴボウ・ナス・イモなどを供給する一大近郊農村となる。とくに大根は、関東ロームといわれるきめ細かい土壌に適していた。

明治維新により、練馬地域は明治元年(1868年)武蔵県に、翌明治2年には品川県に編入されるなどの経緯の後、明治11年(1878年)に東京府北豊島郡の一部となった。練馬地域の人口は、明治7年(1874年)に約1万2,000人、50年後の大正14年(1925年)に約3万人で、ゆるやかに増加していた。

昭和7年(1932年)、東京市が35区制になり、練馬地域を含む板橋区が成立した。昭和22年(1947年)3月に22区制となり、8月1日に板橋区から独立して練馬区が誕生、23番目の特別区となった。

「ねりま」という地名の出来については定説はないが、(A)関東ローム層の赤土を練った所を「黏場(ねりば)」といった、(B)石神井川流域の奥まった所に沼=「根沼(ねぬま)」が多かった、(C)奈良時代の武蔵国に「乗潴(のりぬま)」という宿駅があった、(D)中世、豊島氏の家臣に馬術の名人がおり、馬を馴らすことを「ねる」と言った、などの諸説がある(資料:練馬区「練馬区勢概要 平成9年版」P10-11)。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,135位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
8,729

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.地方分権時代の行政サービスの供給システムに関する調査研究
2.地球温暖化防止に向けての地方公共団体
3.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)
4.地方都市の中心市街地再生方策に関する調査研究
5.鉄道乗り入れに伴う社会的経済的効果に関する調査研究
6.山間地域における保健・福祉の総合的展開による生活支援の充実に関する調査研究
7.広域圏における公共施設の利用促進と効率的運用に関する調査研究
8.海域を活用したスポーツ機能整備による地域づくりに関する調査研究
9.分権型社会実現に向けての離島町村の連携による一体的地域経営の推進に関する調査研究
10.交流・学習等の拠点形成による“人にやさしい人づくり”の推進に関する調査研究
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から